CTC新卒採用2018 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 CTC新卒採用2018 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

Cross talk

クロストーク

仕事をしながら
育児や介護をすることで
生き方や価値観の
幅を広げてくれた

ビジネスソリューション推進部 芝美和子課長
ビジネスソリューション
推進部
芝 美和子 課長
次世代ビジネス開発部 石原香澄課長 エキスパートエンジニア
次世代ビジネス開発部
石原 香澄 課長
プロダクトビジネス企画推進部 山下牧子主任
プロダクトビジネス
企画推進部
山下 牧子 主任

みなさんの
お仕事の内容を
教えてください。

芝 美和子

私は今、ビジネスソリューション推進部に所属しており、CTCが自社で開発した製品の営業推進を行っています。

石原 香澄
石原

私は次世代ビジネス開発部という部署にいます。この部署では、“CTCにとって新しいビジネスとは何か”を考え、サービスの開発や新規ビジネスの開拓を行っています。

山下 牧子
山下

私はプロダクトビジネス企画推進部に所属し、現在、CTCが取り扱っている製品やサービスの企画や販売促進のプロモーション活動に携わっています。

一般的にIT業界では
男性社員が多い
イメージがありますが、
職場での女性の割合や
働く環境は
どのように感じて
いらっしゃいますか?

芝 美和子

私が入社した頃は、今よりも女性の割合は少なかったです。これまでのキャリアを振り返ってみて、女性だから働きやすいとか、逆に女性だから働きにくいということを感じたことはありません。みなさんはいかがでしょうか。

山下 牧子
山下

学生時代は工学部出身だったので、男性比率が高い環境にいました。そのため入社時、同期の中に女性が半分近くいましたので「女性が多い」という印象を受けました。さらに自分が希望していたエンジニア職でも女性の希望者が多かったので「心強い」と思ったことを覚えています。

石原 香澄
石原

近年はCTCも新入社員の女性採用にも注力しているので、今後、女性比率が多くなるとは思います。様々なお客様を訪問する中、IT系の業務で女性の現場責任者が増えるなど、この業界全体で、女性の活躍が増えていることも実感しています。

山下 牧子
山下

私もそう思います。企画のイベント会場などで関係各社が集まってみると、企画や運営の部署の代表がほとんど女性ということもありました。CTCはかなり規模の大きい会社ですから、部署によって男女比に差はありますが、結果的に女性が多くなっている部署は、女性としての適性を生かせる部署なのではないかなと思います。

芝 美和子

確かに部署によって比率が違うというのはありますね。
私が入社した時はインストラクターが多い部隊で女性が多かったため、みなさん、サバサバしていて部活動のように楽しかったですね。

ちなみにみなさん
お子様もおられますね。
仕事と育児の両立は
いかがでしょうか。
活用されている会社の
制度はありますか?

芝 美和子

私の家庭は、二人の男の子がいます。長男の時、育児休業を1年とって職場復帰したんですが、ちょうどその時期に短時間勤務制度が3歳まで可能に変わり、これを「追い風」にして活用させていただきました。

山下 牧子
山下

今の短時間勤務制度では、さらに伸びて小学校4年生の年度末まで可能になっていますね。

石原 香澄
石原

私の場合、短時間勤務は利用しませんでした。20代後半、仕事も趣味も全力投球していたんですが、30歳を目前に第一子を出産し、1年間育児休業をした後、短時間勤務制度を利用せずに復帰しました。ところがこれが予想以上に大変で、自分の時間が全く取れずに少し悩みました。そうこうするうちに2人目を妊娠し、出産して戻ってきた時には、慣れもあるのでしょうが、仕事と育児の両立もかなり楽になりました。

山下 牧子
山下

私も1年間の育児休業が終わる頃、子育てとの両立に不安は感じましたが、いろんな人の支えや両立支援の制度で助けられましたね。むしろ出産後、自分の会社で与えられている役割があらためて見えて、限られた時間の中で仕事をこなすことも面白くなり、仕事がさらに楽しくなりました。

芝 美和子

短時間勤務の制度を利用するためには、周りの理解が必要ですね。私は16時半まで働いてお迎えに行かなくてはならなかったのですが、周りの人からの「16時半だよ」と声がけをしてもらえたのがとてもありがたかったです。女性だけでなく男性社員も協力的で、そういう人たちのお陰もあり、両立を続けられました。

石原 香澄
石原

コミュニケーションは大切ですよね。

山下 牧子
山下

私は在宅勤務制度も週に1度利用しています。資料作成や集計などの作業や集中して考える時間を在宅の日にまとめ、ほかの日は対面しなければならない仕事をするという形で効率を上げるように工夫しています。

CTCでの
仕事のやりがいについて
教えてください。

山下 牧子
山下

やりがいを感じるのは、仕事をしていて感謝された時でしょうか。部の目標や個人の目標があるのですが、それだけでなく、何か自分としてのプラスαを発揮でき、それに対して「ありがとう」と言われた瞬間、「また頑張ろう」「また一緒に仕事がしたい」とモチベーションへとつながります。

石原 香澄
石原

私も以前は、お客様からの「ありがとう」が本当にうれしかったですね。今は企画系の部署に異動して直接、お客様と接する機会が減ったので、やりがいの軸は、自分の関わった企画が会社のために役立っていることへと変わってきています。また、課長になってからはスタッフが成長していくことにとてもやりがいを感じています。

芝 美和子

仕事におけるやりがいには、やはり人との関わりの要素が大きいと思います。「自分のために」だけでは働けないと言いますか、社内の人でもお客様でも、この人に何か頼まれたら「頑張らなくては」となる人がいれば、人間って頑張れますよね。

山下 牧子
山下

本当にそうですね。

芝 美和子

一昨年までの6年間は介護と育児が重なりました。大変な時期ではありましたが、そんな時も職場のみんなの理解に助けられました。仕事を持って暮らしていくということが、自らのものの見方を広げてくれると信じています。

みなさん、本日は貴重なお時間をありがとうございました!