JapaneseEnglish

Adobe Experience Manager

Adobe Experience Manager とは?

Adobe Experience Manager(AEM)は、ウェブやモバイルを始めとした様々なチャネルにわたってきめ細かな顧客体験を提供する、デジタルコンテンツ管理プラットフォームです。

Adobe Experience Manager とは?

Adobe Experience Manager 全体概要

・「Webサイト管理(CMS)」+「デジタルアセット管理(DAM)」+「マルチデバイス配信」の統合環境
・デジタルマーケティングに不可欠なコンテンツをカバー

Adobe Experience Manager 全体概要

デジタルコンテンツ運用時によくある課題

Adobe Experience Manager を利用する事で、以下の課題を解決します

1.コンテンツの改修 / 更新時

良くある課題 解決策
操作する度にマニュアル確認が必要で、現場担当者になかなか定着しない… 業務部門に優しい
 インターフェイス
CMSなどのページ制作ツールを導入しているが、コンテンツ修正や公開のオペレーションが複雑で時間がかかる…

2.企業のブランディング・ガバナンスを効かせたい時

良くある課題 解決策
「ブランドサイト」「チャネル」「国」ごとに、コンテンツ制作&発行プロセスが属人的/個別管理になっている 複数チャネル管理
異なる「言語」「地域」向けのWebサイト構築には、人手/費用が更に掛かる…

3.広告宣伝素材(デジタルアセット)を活用したい時

良くある課題 解決策
デジタルコンテンツを再利用したいが、どこにあるのか/2次利用して良いか、人に聞かないと判らない。 デジタルアセット管理機能
多大な費用/労力をかけた宣伝素材が使い捨てされている。有効活用したい…。 制作ツールとの連携

4.マルチチャネル展開をしたい時

良くある課題 解決策
コンテンツが「チャネル」「デバイス」に応じて個別に制作されている。横断的な提供には費用がかかる…。 パーソナライズ支援
キャンペーン/企画毎のコンバージョンレート・ROIを高めたい

お問い合せはこちらから

お問い合わせフォーム
トップに戻る