JapanEnglish

Analysis Quick Scan(情報活用アセスメントサービス)

CTC独自手法に基づいたアセスメントサービス。自社内における各種情報(データ)にはどのようなものがあるのか、実際に有効活用されているのかをアセスメントします。あるべき姿や他社事例を元に課題を抽出し、改善策の実行計画を策定します。

アプローチ手法のイメージ

「システムデータ」と「ビジネス/業務」、両方の側面からアセスメントを実施します。

対象となるお客様

  • データを活用した意思決定や業務遂行を行う上で自社の現状を把握したいお客様
  • 現状の課題を様々な視点から確認したいお客様

サービス提供の流れ

サービス提供の流れ

お客様のデータ活用テーマに応じて、活用状況/課題の可視化から、改善策の提案までを約4週間(お客様要件によって多少期間が変わります)で実施します。

お問い合せはこちらから

お問い合わせフォーム
トップに戻る