クラウドとは?クラウドで何が変わる?

クラウド(クラウド・コンピューティング)とは?

必要な時に必要なだけ

「ITリソースをネットワークを経由して使用するコンピュータの利用形態」を指します。クラウドは、「必要な時に」・「必要なだけ」・「柔軟にITリソースの割当/解除をすることができる」より進化したITの利用形態です。

所有から「利用」へ

クラウド導入のメリット(パブリック・クラウドの例)

サービス化されたITリソースを「利用」することでシステムを低コスト・短期に導入。
運用管理をアウトソースすることが可能です。

短期導入

クラウドサービス化されたシステムは、既に機器のセットアップが完了し、導入のための手順・フローが明確化されているため、極めて短時間にシステムの導入を行うことが可能です。

スモールスタート

クラウドサービス化されたシステムは、柔軟にリソースの追加/削除を行うことが可能です。従って新規のシステムを立ち上げるような場合、スモールスタートを行い、必要に応じてリソースの増強を図ることができます。またこのときユーザがクラウドベンダーに支払う料金は"使ったぶんのみ"です。

運用管理のアウトソース

パブリッククラウドを利用する場合、原則ユーザ企業は一切の物理的な機材を保持する必要がありません。システムの運用管理にかかる手間をすべてアウトソースすることが可能です。

占有から「共有」へ

クラウド導入のメリット(プライベート・クラウドの例)

クラウドの考え方を取り込み、システムを統合・ITリソースを「共有」。
低コストで高品質な共通基盤を実現できます。

各種コスト削減

システムの統合・集約化により、様々な面でのコスト削減(ハードウェア・ミドルウェアの利用費、保守費、設置費、電力費…)を実現することが可能です。

可用性の向上

共通基盤では数多くのシステムが稼動することから、相応の品質が求められます。また、従来部門ごとに独自に調達されていたシステムが、共通基盤上で動作するため、結果としてシステム全体の品質(特に現段階では"可用性")が向上します。

ITガバナンスの強化

統合化されたシステムでは、システムの構成要素(ハードウェア・ミドルウェアの数・種別、運用ポリシーなど)が統一化され、運用実績の記録や監査が容易になります。これにより、ITガバナンスの強化を図ることが可能になります。

クラウドの特徴[ASPとの違い]

クラウドは、「必要な時に」・「必要なだけ」・「柔軟にITリソースの割当/解除をすることができる」より進化したITの利用形態です。

必要な時に必要なだけ割当/解除可能

例えば、週末にアクセスが集中するBtoCシステムであれば、週末のみにサーバーのリソースを追加し、ピークを過ぎた後は開放することが可能。従ってクラウドサービスの利用者は、サーバーの負荷量に応じてITリソースの割当を最適化することができます。

クラウドサービスの分類

クラウドは、取り扱うシステムのレイヤーから下記3つのサービス・モデルに分類することができます。

SaaS

アプリケーション(グループウェア、メール、CRM)などをインターネットを通じてサービスとして利用するモデルです。

PaaS

アプリケーションの実行基盤(OS、ミドルウェア、アプリケーション開発環境)をインターネットを通じてサービスとして利用するモデルです。
なお、カスタマイズ可能なSaaSという見方をすることもできます。
(「Salesforce.comとforce.com」、「Google AppsとGoogle App Engine」など)。

IaaS

ITリソース(CPU、メモリ、ストレージ、仮想マシンなど)をインターネットを通じてサービスとして利用するモデルです。

クラウドの分類(導入モデル)

クラウドは、システムの導入形態により下記3つの導入モデルに分類することができます。

パブリッククラウド

ネットワーク(インターネット等)を経由し、クラウドベンダーが提供するサービスを利用する形態。原則、すべてのIT管理負担をアウトソースすることができます。なお、一般的に「クラウド」といった場合、このパブリック・クラウドを指します。

プライベートクラウド

クラウドを企業内のシステムとして構築し(クラウドのコンセプトをベースに共通基盤システムを構築)、情報システム部などの管理組織が、社内の各部門に対してITリソースをサービスとして提供する形態です。

また、上記クラウドの混在環境を『ハイブリッド・クラウド(Hybrid Clouds)』と呼びます。