JapaneseEnglish

M2M/IoTクラウドサービス deviceWISE(Telit IoT Portal)

貴社の設備の遠隔監視・制御をプログラムレスで構築・運用し、業務効率化に革新を!

M2M(Machine to Machine)/IoT(Internet of Things)クラウドサービスのdeviceWISE をご利用いただくことで、プログラムレスで様々な機器からのデータの収集や遠隔制御が可能に。技術や充分な資金がなくても心配はいりません。産業機械の遠隔監視サービスやビル管理システムなどが小規模から始められ、圧倒的なコストパフォーマンスで貴社の保守サポート業務の効率化や新規ビジネス拡大に貢献します。

deviceWISEの特長

機器やセンサデータの容易な収集・制御

deviceWISE(Telit IoT Portal)は、PLC などの代表的なプロトコルに対応した機器は、プログラムレスでセンサデータの収集が可能です。スクラッチ開発に比べ、迅速なサービスインを実現します。また、APIやSDKを使えば、様々なデバイスが接続できます。

時間と場所を選ばない高機能なシステム管理

インターネット環境下であれば、時間や場所、デバイスを問わず、お客様にてシステムの稼動状況をDashboard で確認できます。また、スクラッチ開発と変わらない高度なシステムの設定変更がプログラムレスで可能で、お客様の作業時間の短縮や業務効率化がはかれます。

お客様で利用されている業務システムとの簡単な連携

収集したデータを、お客様がご利用中の業務システムに受け渡す機能を持っています。連携用ソフトウェアの開発が不要となるため、コストパフォーマンスが非常に優れており、業務全体の効率が上がります。

セキュアなネットワーク監視と監査機能

システムの利用状況の常時監視を行っており、監査機能が充実しています。異常時にはシステム管理者へアラートが通知される機能も備わっていますので、安心してご利用いただけます。

スモールスタートから大規模システムまでシームレスに対応

お客様にて大きな投資をせずにご利用が始められます。システムの高度化を進める場合でも、シームレスに拡張できるため、運用コストも大きく抑えられます。

※deviceWISEとそのロゴは、Telit Communications, PLC.(ILS Technology, LLC.)の登録商標です。

deviceWISEのサービス提供機能

Web管理ポータル

Web管理ポータル
Webブラウザベースの管理ポータルを利用することで、システム管理者がいつでもどこからでも稼動状況を確認することが可能となります。複数の事業者でシステムを管理することも容易になります。

システム設定ツール(Workbench)

システム設定ツール(Workbench)
一度構築したシステムの構成を変更したり、拡張させたりする必要がある場合でも、Workbench を使えば、システムの実務担当者が、今までと同じ機能のシステム構築をいつでもどこからでも容易に行えるようになります。

deviceWISEの活用例

遠隔地への不要な移動の削減と監視の自動化による生産性向上

例1)遠隔管理による生産性の10~30%向上
deviceWISE の導入により、工場が海外など遠方にある場合でも、本社で稼動状況を確認できたり、トラブル発生時における現地での対応時間やコストを大幅に削減。本社と工場間、さらには関係会社との間でデータ共有も迅速となり、生産性向上や品質管理が徹底できるようにもなります。

監視対象機器の増設などに伴う追加開発の大幅削減

例2)追加開発投資と開発期間の90%削減
監視対象となる設備の増加や既存の遠隔監視システムとの連携に伴うソフトウェアの追加開発がdeviceWISE を活用すれば基本的に不要に。既存のシステム構成を変更することなく、短時間で変更や拡張ができます。

お問い合せはこちらから

お問い合わせフォーム
トップに戻る