JapanEnglish

EMC Isilon (スケールアウトNAS)

EMC Isilon (スケールアウトNAS)

通常のファイルサーバ用途はもちろん、非構造データの保存・データアーカイブなどにも適します。スケールアウトにより容量だけでなく性能も向上可能です。

特長① スケールアウト

コントローラとドライブがセットになったノード単位で構成・拡張できます。そのため拡張におけるパフォーマンス低下の懸念が無くなります。(最小3ノード、最大144ノード)
拡張におけるパフォーマンス低下の懸念が無くなります

特長② シンプル構成

全ノードの容量を合計した、シングルファイルシステムを構成します。どのノードからでも同じファイルにアクセスできるためノード負荷を自動で分散する、ノードを追加するだけで拡張可能、というシンプルな運用を実現します。

ノード負荷を自動分散

特長③ 次世代への対応

HTTPやHDFSなど幅広いプロトコルに対応。またクラウド連携機能を搭載するなど、機能拡張も進んでおり、将来の用途に対して備えることができます。

次世代への対応

CTCでの取り扱い

  • 2013年から取り扱いを開始以降、150ノード以上の販売実績。
  • CTC保守サービスもあり、お客様のインフラにおけるワンストップサービスを提供。
  • 検証センターに機材を常設。パフォーマンスや機能に関する検証が可能。

お問い合せはこちらから

お問い合わせフォーム
トップに戻る