JapaneseEnglish

VSP ミッドレンジファミリー

VSP ミッドレンジファミリー

ストレージのデータ移行、フラッシュドライブの有効活用、高可用性に特化

オールフラッシュモデルのエンハンス

VSP G100/200/400/600/800

概要

ハイエンド向けディスクアレイシステム「VSP G1000」の高機能、高信頼を実現するストレージ基本ソフトウェアを搭載し、「VSP G1000」で提供する日立独自の先進的な仮想化機能などを利用可能とすることで、ハイエンドクラスの高い拡張性や運用性を中小規模システムにも適用可能にしたストレージシステムです。

 

特長

・業務停止時間を極小化するデータ移行
異種ストレージからのデータ移行処理を、サーバを経由せずに実行できるため、システム性能への影響がありません。これまで、旧機種や他社ストレージからのデータ移行時に発生して いた長時間の業務停止や、作業の負担を削減します。
使用機能:Hitachi Universal Volume Manager
                      Volume Migration

・フラッシュドライブの有効活用
データのアクセス頻度をモニタリングし、 データをフラッシュドライブやHDDに自動的に再配置。アクセス頻度の高いデータを フラッシュドライブや高速なHDDに配置することで、容量コストを最適化します。さらに、リアルタイムにアクセス頻度をモニタリングする機能 active flashにより、アクセスが集中するデータを即座にフラッシュドライブに再配置することで、 急激な負荷変動にも高速に追従できます。
使用機能:Hitachi Dynamic Tiering Software active flash

・データ圧縮機能を備えたフラッシュモジュールを搭載
ストレージコントローラの負荷を低減するため、日立独自フラッシュモジュール「Hitachi Accelerated Flash DC2」でデータ圧縮を実現しています。このフラッシュモジュールを搭載することにより、ユーザーは業務システムへ性能影響を考慮することなく、導入コストを軽減できます。

・筐体障害時でも業務を継続
物理ストレージをまたぐActive-Activeなボリュームミラーリング機能により、データの二重化を実現しています。これにより、片方のボリュームでの障害発生時にも、サービス無停止でのシステム切替えができます。また、離れた拠点間でも、ストレージクラスタ環境を構築できます。
使用機能: global-active device

お問い合せはこちらから

お問い合わせフォーム
トップに戻る