JapanEnglish

グリッドシステム開発サービス

先般の金融危機以降、金融機関ではリスク計算の精緻化や金融資産の公正価値測定(米国財務会計基準審議会の財務会計基準書第157号)など大量かつ高速な計算環境(いわゆるグリッドコンピューティング)が求められ、金融HPCのニーズが高まっています。

グリッドコンピューティングとは、ネットワーク上にあるコンピュータ資源(CPU、メモリ、ハードディスクなど)を結びつけ、ひとつの複合したコンピュータシステムとしてサービスを提供する仕組みです。

<SMPとグリッドコンピューティングの違い>
・SMP(Symmetric Multi Processing:対称型マルチプロセッシング)
複数のCPUが物理メモリを共有する

・グリッドコンピューティング
複数のコンピュータをネットワークで接続して一つの処理システムとして扱う

SMPとグリッドコンピューティングの違い

SMPとグリッドコンピューティングの違い

HPCの力を発揮するアプリケーション分野

・ポートフォリオ管理(デリバティブ時価評価、新商品開発)
・リスク管理(市場リスク、信用リスク)
・ALM(特に生損保の負債時価評価)など

HPC ハイエンド仮想化ツール: ScaleMP (Option)

HPC構築事例

HPC構築の事例

・銀行向け市場リスク管理システムHPC構築
・銀行向け通貨オプション管理システムHPC構築
・生損保向け保険数理システムHPC構築など

お問い合せはこちらから

お問い合わせフォーム
トップに戻る