JapaneseEnglish

IBM PureData System for Analytics

IBM PureData System fro Analytics

PureData System for Analytics は「Netezza テクノロジー」を活用した本格的なアナリティクスに対応するために開発されたデータウェアハウス・アプライアンスです。

ビッグデータを簡単に高速に

データウェアハウス専用機として開発されたPureData System for Analyticsは汎用データベース製品をデータウェアハウス用途にチューニングした製品と根本的に異なります。

一からデータウェアハウス用に設計し、データウェアハウス用の高速化アーキテクチャをHW・SW共に実装した製品がPureData System for Analyticsです。

PureData System for Analyticsの高速性能を評価いただき、導入を決定されたのが「株式会社マイクロアド」様です。

株式会社マイクロアド 様 広告配信システムに「IBM Netezza TinFin」を採用 -Netezza導入でクエリ性能がMySQLの100倍に-

チューニングの最小化

PureData System for Analyticsはチューニングを最小化できます。
非対称型超並列処理のアーキテクチャを利用するためにうまくデータを分散しFPGA,ZoneMapを使用することで、PureData System for Analyticsの性能を発揮できます。

今までの汎用データベースで必須とされていたIndexや物理設計は必要がなくなり、開発工期・メンテナンス工数を削減し、コスト削減を行うことが可能です。

PureData System for Analyitcsの簡易性で大幅に構築期間を短縮したのが「株式会社 日本医療データセンター」様のASPサービス構築事例です。

株式会社日本医療データセンター 様 医療の発展に欠かせないASPサービス基盤をスピード開発 -わずか3ヶ月でASPサービス基盤を構築-

高速なアナリティクス

近年、データを集計するニーズからマイニングや予測を行うニーズに変化しています。
ビッグデータの活用も高度化しており、今後この流れはさらに加速することでしょう。
このニーズを取り込むためPureData System for Analyticsは単なるデータウェアハウスアプライアンスではなく、In-DBアナリティクス機能を強化したアナリティックアプライアンスとして、こうしたニーズを取り込んでいきます。

分析機能に関するアーキテクチャは下図のとおりです。
Netezza DBエンジンの上に分析エンジン、ユーザー定義機能開発環境、In-Database分析関数群があります。

お問い合せはこちらから

お問い合わせフォーム
トップに戻る