JapaneseEnglish

開発環境

生産性の向上・品質の確保を実現するJ2EE対応フレームワークとジェネレータ

CTCでは、生産性向上・品質確保に向け、 J2EE対応のJavaフレームワーク(J-Framework)を整備しています。J-Frameworkは、CTC標準としてSI開発プロジェクトに対し設計、及び、実装の両方を含む再利用可能なソフトウェア・アーキテクチャを提供することにより、効率的なSI開発の推進を支援します。

※J-Framework・J-Generatorは、CTCのSI開発で活用することを目的としており、販売は致しておりません。

J-Framework

J-Frameworkは、Java EE に対応したWebアプリケーションフレームワークで、高い汎用性が要求されるスクラッチ開発向けのCTC標準のフレームワークです。これまで現場で発生した問題に対する解決策やシステム基盤に必要な共通機能がフィードバックされているので、技術リスクを低減し、高い信頼性を実現しています。

構成

技術リスクの低減や品質の確保を目的とし、業界でデファクト・スタンダードとして広く利用されている以下のオープンソースをベースに構成しています。

  • Spring MVC
  • Spring DI×AOP
  • MyBatis

再利用性の高い基盤機能やユーティリティを独自拡張することで、生産性と品質の更なる向上を目指しています。

メリット

  • 生産性の向上
    • 基盤機能やユーティリティによる高い再利用性
    • ソースコード自動生成ツールの活用
  • 安定した品質
    • 業界標準のオープンソースフレームワークの採用
    • プログラミング基準の順守
  • 技術リスク低減
    • 実装方式の標準化

J-Generator

J-Frameworkを用いたSI開発で、プログラマがより効率的に実装作業に取り組めるように、ソースコード自動生成ツール(J-Generator)の整備・展開に取り組んでいます。

特長

  • CTC標準フレームワーク J-Framework に最適化されたソースコードを生成します。
  • 業界標準の開発環境であるEclipseのプラグインとして実装しています。
  • 生成されるソースコードは、SI開発案件ごとにカスタマイズが可能です。

スケルトン生成機能

J-Frameworkで推奨しているドメイン駆動設計に基づき、ドメインオブジェクトと関連クラスの雛形を生成することで、プログラマのルーティン作業を削減します。

CRUD処理生成機能

データベースへのCRUD処理の機能を、テーブル定義情報から自動生成します。マスタメンテナンスの開発で大きな生産性向上が見込めます。また、Selenium WebDriverを利用したテストプログラムを同時に生成するため、カスタマイズ後のリグレッションテストを効率的に行うことが可能です。

お問い合せはこちらから

お問い合わせフォーム
トップに戻る