JapanEnglish

マネージドサービス

お客様の必要な機器をCTCの資産として保有し、セキュリティ対策、システムの構築・維持・運用までを一気通貫でサービスとしてご提供。お客様の煩雑さとTCOを大幅に削減します。

特長

  • 資産はCTC保有でサービスとしてのご利用により、初期導入コストを抑制。資産管理や保守更新など面倒な作業からも開放(お客様で資産を持つことも可能です)
  • 煩雑な設定変更はCTCにて実施
    (お客様の要望をお伺いし、適切な設定の提案と設定変更作業を実施)
  • 運用監視・障害時の対応はCTCにて実施
    (お客様の機器を24時間365日監視いたします。不具合検知時は、SEにて問題の切り分けから、機器交換時の立会いまで対応)

サービス

マネージド・ファイアウォール・サービス

機種はSSGシリーズ(SSG5、SSG140、SSG320M、SSG350M、SSG520M、SSG550M)

【特長】
  • 導入時には、弊社エンジニアがお客様のご要望を伺い、適切なセキュリティ設定を実施
  • 運用後も、設定変更を代行
  • セキュリティパッチ適用
  • オプションでログ解析システム(NetInsightⅡ Security Reporting Center :通称SRC)を利用可能

マネージド・ロードバランサ・サービス

機種はF5 BIG-IPシリーズ(LBL1600、LTM1600、LTM3600、LTM3900、LTM6900)

【特長】
  • 導入時は、負荷分散のモニタリング設定や切り替わり方法など、適切な設定を実施
  • 運用後も、負荷分散機器の追加設定やiRulesによるプログラミングにも対応
  • Link Controllerによる回線冗長にも対応可能
  • セキュリティパッチ適用

マネージド・ネットワークデバイス・サービス

機種はCISCO(エッジクラス)

【特長】
  • 導入後は、お客様の要望を伺い、HSRPによる冗長化やVLAN設定によるセキュリティ設定を実施
  • セキュリティパッチ適用

マネージド・IDS/IPS・サービス

【特長】
  • 経験豊富な「セキュリティアナリスト」と「運用SE」により、高精度なIDS/IPS監視運用を実現
  • IDS/IPSへの24時間365日の死活監視を行い、機器交換時の立会い、元の状態への復旧まで対応
  • 危険度が高いと判断されたセキュリティインシデント内容をもとに、攻撃元のIP アドレスから攻撃先のIP アドレスへの通信の遮断設定を実施

お問い合せはこちらから

お問い合わせフォーム
トップに戻る