JapanEnglish

Hyper-V (R)

WindowsServer2012 R2による最新プライベートクラウド基盤

CTCのプライベートクラウドソリューション VM Pool シリーズに新しいエディションとして、マイクロソフトの 「Windows Server 2012 R2 Hyper-V(以下Hyper-V)」、構成が追加されました。さらに、管理運用製品のSystem Center 2012 R2を含めることで、プライベートクラウド基盤として容易に構築・運用できる環境をご提供いたします。

最新アーキテクチャによる全体最適の為のプライベートクラウドインフラ

VM Poolでは、仮想化ソフトを用いブレードサーバと共用ストレージと合せ、仮想化統合インフラを提供します。これによりシステムリソースを全体で利用できるようになり、全体最適化されたインフラを得られ、サーバ台数削減などのコスト削減を図ることができます。最新のVM Poolでは、プライベートクラウド基盤上のワークロードの特性に応じ、Hyper-Vをベースにブレードサーバー、共有ストレージを1つの統合ソリューションとしてご提供します。

VM Pool概念図

VM Pool概念図

Windows Server 2003移行にも最適

2015年7月15日(日本時間)に延長サポートが終了する Windows Server 2003 シリーズの移行は待ったなしの状況ですが、サーバーの移行についてはリスクが付き物です。VM Pool を利用することで、移行に伴うリスクを軽減し、最終的に新しいOS 環境の提供まで段階的な移行を行うことが可能になります。

お問い合せはこちらから

お問い合わせフォーム
トップに戻る