JapanEnglish

ストレージリモート運用サービス for NetApp

NetAppストレージのリモート監視と性能診断を簡易・低コストで提供します

仮想化によるストレージ統合やビッグデータの利用が活発化し、ストレージ監視と性能診断は重要課題となっています。ストレージの停止はシステム全体の停止につながることもあり、障害予防と性能診断が不可欠です。

CTCの「ストレージリモート運用サービス for NetApp」は、24時間365日のリモート監視と毎月の性能診断レポートをあわせて提供。CTCの高度な保守ノウハウをNetAppが実装しているAutoSupport Mailと連携して簡易・低コストで提供します。

ストレージリモート運用サービス for NetApp

サービス紹介

ストレージ監視(Proactive監視)

ストレージ監視(Proactive監視)

ログ情報等をリモートでリアルタイムに監視し、障害の重要度に応じてリモートもしくはオンサイトでの保守サービスを提供します。障害の未然予防によってシステム停止のリスクも軽減します。

性能診断レポート

性能診断レポート

データのトランザクションからネットワーク帯域、CPU、各ボリュームのパフォーマンスを診断し、状況に応じたコメントとグラフを毎月のレポートとして提供します。ストレージの無駄な投資を抑制し、計画的な構成変更やハードウェアアップグレードをサポートします。

レポートサンプル

レポートの読み方、CTC独自ノウハウで設定した閾値を分かり易く解説。直感的にNetAppの状況が把握可能。ストレージ状況に応じてコメントが変化します。

AutoSupport Mailとは

AutoSupport Mailは、NetAppストレージが実装している自動診断ツールで、システム構成とその状態を週1回登録したユーザー宛にメール送信します。ストレージリモート運用サービス for NettAppはAutoSupportMailの設定変更だけで開始することができ、スピーディなサービス提供が可能です。

※ AutoSupportMailの設定変更作業は、初期構築時は無料ですがその後は有償となります。

価格体系

サ-ビス内容 標準定価 備考
ストレージ監視
(Proactive監視)
初期設定費
(1コントロ-ラ)
¥30,000
  • Netappと同時納品時、無料
  • お客様設定時、無料
月額監視費
(1コントロ-ラ)
¥40,000
  • 24/365監視
    (H/W保守契約の締結が必要)
性能診断レポ-ト 月額費
(1コントロ-ラ)
¥30,000
※機種不問
  • 回数:12回(年)、1回(月)
    ※スポットは1回のみ
  • 期間:1週間分
    ※診断する週は指定可能。例)第1週、毎月最終週
  • サービス提供方法:平日定時にMail送信
  • 初期設定費:都度見積(お客様設定時、無料)
スポット費
(1コントロ-ラ)

お問い合せはこちらから

お問い合わせフォーム
トップに戻る