JapanEnglish

Sarnoff社DTVテストソリューション

数多くの特許技術に裏打ちされた体系的な各種テストプログラムを業界標準として提供します

米国Sarnoff社のBitstreamソリューションは、従来の動画像関連技術であるMPEG-1、MPEG-2、ATSC、Open Cable、Closed Captioning、PSIP Program Guides、Digital V-Chipに加え、次世代の画像圧縮規格であるH.264の規格適合検証プログラムを新たにラインナップに加えました。
シミュレーションから製品化まで、デコーダの開発における各過程での適合試験に使用することができ、また、わずか数秒という高速での検証が可能です。更に、不適合箇所を発見した場合、解析結果を可視化した画面により、規格との不適合箇所を容易に確認することが可能です。
これらの機能により、デコーダの開発期間、ならびにこれらを組み込んだ製品の市場への投入までの期間を大幅に短縮することが可能になると同時に、業界標準のテスト環境を利用することにより、実地での適合検証に伴う期間とコストの大幅な削減を実現します。

フルハイビジョン対応DTVなど、次世代動画像関連製品の開発に不可欠な規格検証ソリューション

特長

簡単でわかりやすいDTV向けデファクトスタンダード・テストソリューション

Sarnoff社のコンプライアンス ビットストリームはEmmy賞受賞技術です

Sarnoff社のコンプライアンス ビットストリームはEmmy賞受賞技術です

H.264は、現在、地上波デジタル放送やDVDなどに広く採用されている動画圧縮規格「MPEG-2」に代わる規格として注目を集めている次世代の画像圧縮規格です。現在、半導体メーカーやデジタルテレビなどを生産する家電メーカーは、H.264規格に適用する製品の開発を進めており、その検証ソフトに対するニーズが高まっています。

H.264は、フレーム間予測(注1)や符号化(注2)を複数の方式から選択することが可能であり、その組み合わせは放送局ごとに異なります。そのため、米国をはじめとする諸外国向けに機器を製造する際、実地での適合検証を行う必要があり、検証期間とコストが大きな問題となっています。
H.264コンプライアンス・ビットストリームは、デジタルハイビジョン受信機やケーブル、衛星放送のコンバータなどが、H.264規格に適合しているかを検証するためのソフトウェア製品です。
対応ビデオフォーマットは、1080i、720p、480p、576i、カスタムフォーマットを含む、各種フォーマットサイズがあります。また、小型ディスプレイサイズのモバイルフォーマットも提供可能です。

課題

製品の開発期間、市場への投入期間を大幅に短縮し、コストの大幅な削減を実現します。

H.264 検証フレーム:シングル・モーション・ベクタの予測計算が誤っている場合のエラー

H.264 検証フレーム:シングル・モーション・ベクタの予測計算が誤っている場合のエラー

■「H.264コンプライアンス・ビットストリーム」製品概要

  1. Rapid Type(ラピッドタイプ)
    タイトルフレームが1フレームとテストフレームで構成されています。検証結果は次の(または最後の)フレームに伝播され、最後のフレームを確認することによって、適合・不適合を判別することができます。フレーム数は、約15フレーム程度(0.5秒以下)であるため、ソフトウェアの検証やLSIのシミュレーションに適しています。
  2. Visual Type(ビジュアルタイプ)
    実時間での表示・実行を対象としています。1秒程度のタイトルフレームとRapidストリームと同様のテストシーケンスによって構成され、その後、不適合箇所の有無を明確に可視化することが可能な検証スクリーンが数秒追加されます。テストはRapidストリームと同様の検証スクリーンに明確なエラーとして表示され、この最終検証スクリーンは、適合・不適合の証明として保管しておくことが可能です。

お問い合せはこちらから

お問い合わせフォーム
トップに戻る