JapaneseEnglish

Solid Edge

Solid Edgeは『うまく設計できない』悩みを解決します。

市場には、いろいろなCADがあります。
そして、無償のCADでもそこそこ使えます。
CADは「設計する道具」と言われています。
製品設計では「設計変更は必ず発生」します。
そして、
設計変更は簡単なことが望ましいのです。
Solid Edgeは、設計変更を考慮し、
  「設計の効率化」を考えたCADなのです。


 

新着情報

Meintenance Pack(MP)リリース情報
  2019年02月12日
     Solid Edge 2019 MaintenancePack 04リリース
  2018年12月11日
     Solid Edge ST10 MaintenancePack 12リリース
  2018年06月21日
     Solid Edge ST 9 MaintenancePack 15リリース
  2017年03月29日
     Solid Edge ST 8 MaintenancePack 12リリース
  2016年02月15日
     Solid Edge ST 7 MaintenancePack 11リリース
  2015年05月12日
     Solid Edge ST 6 MaintenancePack 14リリース
  2014年05月07日
     Solid Edge ST 5 MaintenancePack 11リリース
  2013年04月26日
     Solid Edge ST 4 MaintenancePack 12 リリース

Solid Edge 製品リリース情報
  2019年02月12日
    Solid Edge 2019リリースのお知らせ
  2018年02月20日
    Solid Edge ST10リリースのお知らせ
  2017年01月20日
    Solid Edge ST 9リリースのお知らせ
  2015年12月02日
    Solid Edge ST 8リリースのお知らせ
  2015年01月20日
    Solid Edge ST 7リリースのお知らせ

2017年04月01日
   2017年度 Solid Edge スクール日程について

  • 認証 ユーザー様ダウンロードページ
  •   ※ダウンロードページから以下をダウンロードして頂くことができます。
       ・インストールガイド
       ・APIサンプルプログラム
       ・SE CID utility
       ・Dongle Checker
      
  • 認証 Solid Edge FAQ をご参照ください。(只今、工事中です。)
 ※ 認証 のアイコンが付くリンク先ページではパスワード認証が必要となります。
  
  • お問い合わせ
     本ページアクセス時のユーザー名、パスワードを事前の告知無しに変更する場合が
     ございますので、Solid Edgeサポート窓口(se_net-plm@ctc-g.co.jp)まで
     お問い合わせください。
  •  ※尚、お電話によるお問い合わせは、受付けておりませんのでご了承ください。
      

    ● Solid Edgeの無償評価版がご利用になれます。



    無償評価版をダウンロードして、3次元CADを体験してみませんか?
    お客様にすぐに使って頂けるように、
    Solid Edgeを起動すると自主学習できる様々なツールを用意しています。
    今、お使いのCADのモデルを取り込んで、設計変更してみてください。
    シンクロナス・テクノロジーが威力を発揮するでしょう。

    ● 本格的なCAE(Femap)もご利用になれます。

    Femap with NX Nastranを試用して、業界をリードするNX Nastranソルバの強力な解析機能と共に、Femapの先端のモデリング機能をお試しください。
    今、お使いのCADのモデルで、解析評価してみてください。解析による試作レスで、コスト安、開発期間短縮の可能性が体験できるでしょう。

    ● ビューアモード付きのSolid Edge 2D Draftingが無償でご利用になれます。

    図面は多くの企業にとって重要な成果物です。
    2次元CADは、主に建築や土木、回路図などで使われています。
    「Solid Edge 2D Drafting」は、もともと無償提供されていた「Solid Edge Viewer」が
    統合され、ビューアモード付きの「Solid Edge 2D Drafting」となりました。

    以前はドラフト文書のみ使用可能でしたが、パーツ・シートメタル・アセンブリ文書等の3Dモデルの表示にも使用することができるようになりました。
    その他にもパラソリッドやIGES・STEP等の中間ファイルも変換して表示することができます。

    但し、ビューアモードでフィーチャ作成・モデル変更・ファイル保存・ファイル作成等
    編集を行うことはできません。

    または、

    弊社推奨システム構成

    Solid Edge 2019
    CPU 64ビット(x64) プロセッサ
    メモリー 8GB以上のRAM
    OS

    ・Windows 10 Professional/Enterprise
                 (バージョン1709以上)

      ※Windows 7/8.1 にインストールは可能ですが、
        サポート対象外となります。
      ※Windows XP, Windows Vista にはインス
        トールできません。
      ※Server OS上でのSolid Edgeインストールは
        推奨しておりません。
      ※Windows Home及びWindows RTは
        サポートされていません。

    解像度 1280×1024以上(製造元の推奨に従ってください)
    True Color(32bit) 又は 16,000,000色(24bit)
    Webブラウザ Internet Explorer 11
     (Windows 10におけるMicrosoft Edgeを
      サポートしません。)
    グラフィックカードについて
    Siemens PLM Softwareによる“ハードウェア(グラフィクスカード)認証”は、
    以下のリンクの
    ・[Hardwre and Software Certification]-[Additional Resources]-
     [Hardware(Graphics Card) Certification]
    をご確認下さい。
    Siemens PLM Software GTACサポートのページ

    製品構成

    お問い合せはこちらから

    お問い合わせフォーム
    トップに戻る