CTC 大学・教育関連ユーザー会のご案内

 


開催日時
開催場所
2008年6月6日 14:00〜17:45
主婦会館プラザエフ 国際会議場クラルテ
 コミュニケーションを司る電子メール・システムは、ある意味、大学に おける基幹システムといえます。
 しかし、電子メール・システムを取り巻く状況は目まぐるしく変化し、数多くの分野にまたがる複雑性を有します。たとえば、ウイルスや スパムなどのセキュリティ的な課題、セキュリティポリシーと関係するガバナンス的な課題、そして Google や Microsoft の無料メールサービス登場による経営的課題にまで及びます。
 こうした混沌とした状況下で、今後、大学が選択すべき電子メール・システムの在り方について、議論しました。


   
基調講演 「大学の電子メールに求められるもの
パネルディスカッション 「電子メールの現状とこれから」
 
プログラムのダウンロード
クリックするとPDFファイルが開きます。
プログラム以外のPDFファイル(講演資料)は印刷・コピーできません。
閲覧のみとなっております。ご了承ください。
     
林英輔先生
麗澤大学教授
情報システムセンター長
CAUA会長
  今回のFORUMの企画意図、内容を説明いただきました。
   
「大学の電子メールに求められるもの」
安東孝二先生
東京大学 情報システム本部
特任講師
電子メールの歴史を俯瞰し、社会的な意義、技術的課題を整理いただきました。その上で、大学における電子メールの特殊性と、それがゆえの課題を提示いただきました。
 
講演資料のダウンロード
   
 
「電子メールの現状とこれから」
第1部では、パネリストがそれぞれの専門から電子メールに 関する課題出しを行い、第2部ではそれに基づく討論が行われました。
特に無料メールサービス導入の是非が論点となり、白熱した討論となりました。
  パネリスト
「セキュリティポリシーと電子メール」
武蔵泰雄先生
熊本大学
総合情報基盤センター
准教授

大学のガバナンスの視点から、電子メールの現状を整理いただきました。
 
講演資料のダウンロード
     
「京都工芸繊維大学における運用事例」
桝田秀夫先生
京都工芸繊維大学
情報科学センター
准教授

実際の電子メールシステムの運用をご紹介いただき、運用の視点から課題を提示いただきました。
 
講演資料のダウンロード
     
「Google Appsを利用した学生サービスシステムについて」
吉野英治先生
日本大学
総合学術情報センター
事務長

日本で初めての本格的な無料メールサービス(Google Apps)導入に至る経緯とビジョンを説明いただきました。
 
講演資料のダウンロード  
     
  司会  

中島淑乃
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
文教システム部長
 

 



CTCホームページ

【お問い合わせ先】
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 公共システム第2部内
 CAUA事務局
TEL:03-6203-4411
お問い合せ

Copyright(c) 2001-2013 CTC Academic User Association All Rights Reserved.

東京国際フォーラムアクセスマップ