CTC 大学・教育関連ユーザー会のご案内





「東北における教育情報化の今後を考える」

開催日時 : 2004年12月17日(金) 13:00〜17:00
開催場所 : ホテルメトロポリタン仙台 (JR仙台駅前)

 

※掲載されているPDFファイルは、印刷・COPY・無断転載等不可、閲覧のみとなっております。ご了承ください。

 



 
「地域の教育情報化と大学の役割」

【要旨】
麗澤大学では、大学主導でNPO柏インターネットユニオンを設立し、行政域を越えた教育ネットワークの構築を進めています。
教育情報化や地域情報化における大学の役割と、住民、学校、行政などの地域コミュニティとの関係について、事例を交えつつご講演頂きました。
麗澤大学教授、CAUA会長
林 英輔 先生
講演時の資料(PDF)[ 1.2 MB]
   

pagetop



「東北における教育情報化の今後を考える」

前半では、パネリストの皆様から各地域での教育情報化の現状をご説明頂くと共に、人材育成、コミュニティ作り、行政などの視点から提言を頂きました。
後半では、パネル前半で抽出された課題を基にこれからの教育情報化推進の在り方について討議頂きました。
 
 
登壇された先生方

 

コーディネーター

林 英輔 先生
(麗澤大学、CAUA会長)

パネリスト
岩本正敏 先生
(東北学院大学)

情報教育の意義とこれまでの反省点を整理頂き、今後の情報教育の在り方について示唆を頂きました。

資料(PDF)[ 164 KB]

パネリスト
金内秀志 先生
(山形県産業創造支援センター)

行政側の立場から、山形県における地域情報化と教育情報化に対する考え方をご説明頂きました。
資料(PDF)[ 1.31MB]

パネリスト
吉田等明 先生
(岩手大学)

岩手県の教育情報化・地域情報化の現状分析を通し、e-コミュニティの特徴と課題についてご説明頂きました。

資料(PDF)[ 358 KB]

パネリスト
脇山俊一郎 先生
(仙台電波工業高等専門学校)

教育情報化・地域情報化の事例を通し、情報化を担う人材育成のポイントと課題についてご説明頂きました。
資料(PDF)[ 1.6 MB]

パネリスト
渡部昌邦 先生
(福島県教育センタ−)

100校プロジェクトから始まった教育情報化と社会環境の変遷を分析して頂きました。

資料(PDF)[1.3 MB]

pagetop



CTCホームページ

【お問い合わせ先】
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 公共システム第2部内
 CAUA事務局
TEL:03-6203-4411
お問い合せ

Copyright(c) 2001-2013 CTC Academic User Association All Rights Reserved.