CTC 大学・教育関連ユーザー会のご案内

CAUAシンポジウム2017 これからの時代に大学教育が果たすべき役割:開催レポート

2045年、社会はSingularity(技術的特異点)を迎えると言われている。IoT、AI、VR、ドローン、ロボット、自動運転技術など、あらゆるところにコンピュータが使われ、普段の暮らしを変えうる存在となっている。
また、膨大な情報から社会の変化を生み出す発想とスキルは、決して情報工学系の学生にだけ求められる能力ではない。そうした状況の中、政府は2020年から小学校におけるプログラミング教育を必修化すると発表した。
一方、日本の産業界では、人口減少および経済のグローバル化とともに日本経済の地盤沈下が語られ、情報活用、先端技術活用による戦略的なイノベーションが求められている。
今回のCAUAでは、大学がイノベーションを加速するためどのような貢献ができるか、大学関係者及び企業を交えた参加者全員で考えたい。

開催概要

開催日時
2017年11月6日(月)13:30〜17:30
(情報交換会 17:45〜19:00)
会場
CTC Future Factory(DEJIMA)
東京都品川区
参加者
57名

プログラムのダウンロード

このセミナーのプログラムをダウンロードいただけます。

プログラムのダウンロード

講演内容

資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
なお、印刷・テキスト選択に制限をかけさせていただいております。
ご了承ください。

オープニング
後藤 滋樹 氏(早稲田大学理工学術院教授、CAUA会長)
基調講演
砂原 秀樹 氏

砂原 秀樹 氏
(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)

「ワクワク ドキドキする大学院 KMD 〜なぜだか楽しいメディアデザイン研究科」
2008年に誕生した慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科は、いろんな意味で挑戦的な大学院である。ダイバーシティ、グローバル、イノベーションというキーワードは、さまざまなシーンで取りざたされているが、実際にそれを実装していくのは難しい。
メディアデザイン研究科でそれをどのように実現しているのかについて実例を紹介しながら述べる。
テーマトーク
久野 靖 氏 久野 靖 氏
(電気通信大学情報理工学域共通教育部 教授)
【テーマトーク@】
「情報学が最強の学問である…はずなんですが。
---日本の情報教育の現状と課題---」
講演資料
(PDF)
澤登 寿 氏 澤登 寿 氏
(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 未来技術研究所所長)
【テーマトークA】
「なぜ企業は"オープンイノベーション"に取組むのか?」
講演資料
(PDF)
パネリスト発表
刀川 眞 氏 刀川 眞 氏
(室蘭工業大学東京事務所 所長)
「情報活用基礎としての論理力強化」
講演資料
(PDF)
後藤 滋樹 氏 後藤 滋樹 氏
(早稲田大学理工学術院 教授、CAUA会長)
「これからの時代に大学教育が果たすべき役割」
講演資料
(PDF)
パネルディスカッション
パネルディスカッションの様子

「これからの時代に大学教育が果たすべき役割」

−コーディネータ−
安東 孝二 氏(株式会社mokha 代表取締役社長、CAUA運営委員長)

−パネリスト−(五十音順)
久野 靖氏(電気通信大学情報理工学域共通教育部教授)
後藤 滋樹氏(早稲田大学理工学術院教授、CAUA会長)
澤登 寿氏(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 未来技術研究所所長)
砂原 秀樹氏(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)
刀川 眞氏(室蘭工業大学東京事務所所長)

クロージング
斎藤 馨 氏(東京大学大学院教授、CAUA副会長)