CAUA

CTC
ACADEMIA &
USERS
ASSOCIATION

お知らせ

CAUAからのお知らせ

SNSを活用した
コミュニケーション基盤サービスのご案内

少子化による大学の学生確保競争が激しくなっている中、「面倒見の良い大学」つまり、大学が学生や保護者の方々と密なコミュニケーションが取れているかが評価の対象となってきています。
そこで今回既にお持ちの保護者向けサイトやメールでの情報発信を、簡単にSNS対応にする、コミュニケーション基盤サービスをCTCが開発しました。

当システムを使用することにより、大学の既存認証基盤と、LINEやFacebookといった、SNSのアカウントを連携させることが可能になり、

  • SNSアカウントへのメッセージ配信
  • 学内システムへSNSアカウントを用いたログイン

を実現することができます。

大学で多数使用されている認証基盤「Shibboleth」との連携実績もございます。

実際に導入事例も出てきていますので、ご興味のある方は是非この機会にお問い合わせください。

導入イメージのご紹介はこちら

お問合せ先:b2cidm@ctc-g.co.jp

早稲田大学とCTCが学術交流協定を締結

学校法人早稲田大学と伊藤忠テクノソリューションズ株式会社が、2018年7月6日付けで学術交流協定を締結しましたので、お知らせいたします。

この協定は、ビジネス現場において不足している統計的な思考力により課題を解決する“データサイエンス”力の高い人材を育成するため、大学の教育研究活動及び産学連携による共同研究の促進を目的としています。

関連リンク

滋賀大学とCTCが連携協力の協定を締結

国立大学法人滋賀大学と伊藤忠テクノソリューションズ株式会社が、データサイエンス分野の人材育成及び産学連携促進を目的とした連携協力の協定を締結しましたのでお知らせいたします。

本提携により、滋賀大学とCTCは企業データの分析に関する知見を共有し、よりビジネスに近い実践的な教育手法を共同で研究開発を行います。

関連リンク

CAUA会長がISOC 2017年選出
「インターネットの殿堂」の
「グローバルコネクター部門」に
殿堂入り

CAUAの会長を務める後藤滋樹(JPNIC理事長、早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部 情報理工学科 教授)が、Internet Society(ISOC)2017年選出「インターネットの殿堂(Internet Hall of Fame)」の「グローバルコネクター部門」にて殿堂入りを果たしましたのでお知らせいたします。
(2017年9月19日(JST)ISOC発表)

「インターネットの殿堂」は、グローバルなインターネットの発展と進歩に多大な貢献をした個人を讃えるものとして、Internet Society(ISOC)により、2012年に設けられました。日本人としては5人目の殿堂入りです。

関連リンク