イベントレポート

セキュリティイベント
『Fortinet Security World』に出展

展示会場を埋める来場者たち

展示会場を埋める来場者たち

サイバー脅威やシステム環境が変化しつづける中、日本の企業や組織のお客様に有効なセキュリティ対策について、次世代ファイアウォールなど高性能サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーであるフォーティネットがご紹介する『Fortinet Security World』にスポンサー出展しました。

FORTINET SECURITY WORLD 2017とは?

FORTINET SECURITY WORLD 2017とは?

017年7月7日(金)、ザ・プリンス パークタワー東京において「深刻化するサイバー脅威に立ち向かうために」と銘打ち、セキュリティベンダー・フォーティネット社が日本企業に最適なセキュリティ対策を一堂に会したイベント「Fortinet Security World 2017」を開催しました。

その中で、CTCSPはイベントスポンサーとして、ソリューション展示と40分間のセッションを行いました。

出展ブース

CTCと共に増加する標的型攻撃、それに伴うランサムウェア等のセキュリティ被害に対するソリューションを展示。次世代フアイヤウォール・エンドポイントセキュリティとそれらの運用トータルサポート可能なマネージドセキュリティサービスのご紹介をしました。

また、参考出展として、たけびし社の「デバイスゲートウェイ」を介した、感染知らずのセキュアなIoT利活用もご紹介しました。

CTCSP・CTC共同ブースの様子

CTCSP・CTC共同ブースの様子

そのIoT、安全ですか?

そのIoT、安全ですか?

セッション

「最新セキュリティ動向と検証・構築 実績からみたFortinet製品の親和性」

複雑化と多様化の一途を辿る近年のサイバー攻撃。昨今のサイバーセキュリティの正しい知識と脅威状況をご説明すると共に、CTCグループにおける検証・構築実績からみたFortinet製品の親和性をご紹介しました。

会場はほぼ満席で、5月に話題になった「WannaCry(ワナクライ)」や流行中の「Petya」など、最近のランサムウェア攻撃への対応策や動向について、皆さん耳を傾けていました。中でもフリービット様への構築事例については、具体的なモデルや数値の話もあり、熱心にメモをとる聴講者の方もいらっしゃいました。

資料はこちら
満席のセッション会場

満席のセッション会場

ページトップへ