シーティーシー・エスピー株式会社

あなたの興味をシゲキする

ITにピリッとスパイスを!あなたの興味をシゲキする IT SPice
IT SPiceをFacebookでチェック IT SPiceをTwitterでチェック

取扱商品

DDNストレージ

大容量・高性能ストレージシステム

logo

DataDirect Networks社(DDN)には、世界有数のストレージ・プロバイダとして、アプリケーション性能と容量の限界を追求し、さまざまなストレージの課題を解決してきた確かな歴史と経験が有ります。昨今、急増している非構造化データの要求にフォーカスして、「ビッグデータ」アプリケーションに最適で革新的なストレージ製品群を提供しております。

Storage Fusion Architecture(SFA)

外観

DDN Storage Fusion Architecture(SFA)は、最先端のプロセッサ技術、システムバスやメモリアーキテクチャの最も優れた要素を採用し、最適化されたRAIDエンジンやデータ管理アルゴリズムを備えています。これらすべての要素を統合して、大規模I/Oインフラやマルチメディア向けディスクドライブのパフォーマンスを最大限に引き出します。

概要

大規模マルチスレッド・ストレージ・プロセス

ホスト側IOインターフェイス、バックグラウンドのデータ管理機能の双方で、それぞれ最高速度での性能を実現。
高速ストレージ・プロセッサの処理能力は、最高のスループット速度とIOPS性能を保ちながら、ドライブのリビルドやコレクションなど、内部処理のオーバーヘッドをアプリケーションからのアクセスに影響を与えません。

バランスの良いストレージ性能

予期せずストレージ拡張が必要になった時も、厳しい作業負荷のかかるトランザクションを処理し、40GB/秒超のバンド幅で柔軟に対応します。

シンプルな拡張性

単一システムとして最大1680本のドライブをサポートするSFA12Kは、ペタバイト規模のシステムでありながら、ドライブは最小5本単位でシステム停止を伴いません。

大容量キャッシュによる高速読み書き性能

高速でバッテリー保護されたストレージキャッシュが大容量な読み書き要求にもスムーズに、高速レスポンスを提供します。

比類無きストレージ実装密度

既に世界中で200PB以上が採用されている実績を持つDDNのストレージシステムは、他の同規模システムと比較して、圧倒的な実装密度を誇ります。

インテリジェントな書き込み

データの性質を理解するストレージエンジンが搭載されており、大容量データのアーカイブをインテリジェントにおこない、広帯域のストレージバンド幅を更に効率的に活用します。

ティアリング・ストレージ

SAS、SATA、SSDドライブの混在が可能で、単一システムにおいて、アプリケーション要求に合わせてストレージをデザインすることが可能です。これにより、アプリケーションへの最適化とアクセスの効率化を実現し費用対効果を向上させます。また、ストレージの統合化を図ることにより、ストレージシステムの管理をシンプルにします。

アーキテクチャー

概念図

ストレージフュージョンアークテクチャーは、複数のRAIDレベルをサポートします。様々なデータタイプやストレージパフォーマンス要求に単一システムで対応するために設計されたSFAマルチRAIDアーキテクチャでは、最大1680本のSATA、SASそしてSSDの混在が可能で、メディアの提供、保管、重要データの保存等、管理がシンプルになります。

960Gb/秒以上の内部システムバンド幅により、アプリケーションのパフォーマンスを低下させることなく、複数レベルでのパリティ生成、ドライブ補正、データ整合性チェック等を実行し、高速で安定したアクセスをアプリケーションに提供します。

Web Object Scaler(WOS)

外観

従来のストレージやファイルシステムは、グローバルで大規模なコンテンツ配信という新たなニーズを想定して設計したものではありません。数ペタバイトの容量を使用しながら何億ものファイルがさらに増加するとなると、ストレージの拡張が必要となり、複数のデータセンター間での効果的なファイル・データ共有が必須となります。従来のソリューションではパフォーマンスが不足、導入が複雑、管理が困難、スケーリングが難しい、多大な費用がかかる、など問題が起こります。

DataDirect Networkのオブジェクトベースのクラウド・ストレージシステムである、Web Object Scaler(WOS)はこの状況を一変させました。WOSは、地理的に分散した場所にあるコンテンツの保存・配信・アクセス方法を革命的に改善・単純化します。ユーザは、使い勝手の良い単一管理インタフェースで、簡単かつに無制限にスケーリング可能なグローバル・ストレージクラウドを構築することができます。

概念図

概要

最初は小規模でも、拡大は無制限に

WOSの革新的なクラウド・クラスタリング技術により、まず数テラバイトの容量から始め、その後必要に応じて投資する方法でコスト効率よく、簡単に、また稼働を停止させることなく、数ペタバイトにまでストレージ容量を拡張することができます。

インターネット対応のパフォーマンス

WOSクラウドは、毎秒何百万のランダムファイルをごく僅かなレイテンシーで配信可能です。高価なコンテンツ配信専用ネットワークを減らしたり、場合によっては不要にさえなります。

単一のグローバル・ネームスペース

もう複数のファイルシステムやRAIDやLUNやSANを管理する必要はありません。WOSでは、ストレージクラウドの規模に関わらず、あらゆるオブジェクトが、あらゆるストレージノードやゾーンに広がる単一のネームスペースに存在します。データを追跡したり検索したりする必要はありません。WOSは、データのある場所を自動的に検索し、最善の方法でそのデータにアクセスします。

ポリシーベースのコンテンツ配信

各ファイルをどこに(地理的位置)、あるいはWOSクラウドのどの階層に保存することが最善のポリシーであるか定義します。配信遅延を減少させるためにコンテンツをユーザの近くに配置する、パフォーマンス向上のため使用頻度の高いファイルのコピーを複数作成する、自動バックアップを実行させる、災害時復旧プロセスを作成する、などすべて容易に処理できます。

膨大なファイル数

WOSクラウドは数千億ものファイルを簡単に保存可能です。複数のストレージシステム上で複数のファイルシステムを作成・管理する必要はありません。

シンプルで統合されたマネージメント

ユーザインタフェースは、直観的で使いやすいウェブベースですから、WOSクラウドの規模や配備される実際の場所の数に関わらず、単一エンティティとして管理されます。自動マルチサイト・レプリケーションにより、地理的に数か所に分散された数ペタバイトのWOSクラウドでも、文字通り数分で設定することができます。

完全なリストア能力

WOSのクラウド・クラスタリングは、単一障害点やボトルネックを発生しない、完全な分散テクノロジーです。データは常にオンラインで利用できます。障害状況は自動的に処理され、データアクセスを中断することもありません。

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ・資料請求

ページトップへ