シーティーシー・エスピー株式会社

あなたの興味をシゲキする

ITにピリッとスパイスを!あなたの興味をシゲキする IT SPice
IT SPiceをFacebookでチェック IT SPiceをTwitterでチェック

取扱商品

Moptar(モプター)

動線分析プラットフォーム・インストアマーケティング

logo

顧客動線分析Moptar(モプター)は、タグは不要で人の動きを精緻に取得・分析します。店舗改善の他、サイネージ連携やMA連携でのOne to Oneアプローチや、接客判定、不審者検知、工場での無駄工程削減などに活用できます。

概要

動線分析とは人の動きを取得し、店舗レイアウト改善や従業員の効率化に活用する手法です。Moptar(モプター)は、顧客がタグを保持しないにもかかわらず、顧客動線を高精度に追跡し続けます。

動線が必要な理由

人間の位置をプロットしてヒートマップで表示したりするだけでなく、同一人間の位置を短い間隔で線としてつなぐことで、個々の人間についての情報が得られ個々の人間に応じたアクションが可能になります

例えば、

  1. 店舗における個客の行動・振る舞い・興味に応じたデジタルサイネージ広告、オムニチャネル販促
  2. 接客支援(接客必要時にリアルタイムに通知)
  3. 入退室管理、不審者検知、行列待ち時間案内
  4. 防犯・セキュリティー用途で不審者検知、転倒者検知
  5. 忘れ物をした顧客、危険物を放置した人物の居場所検索

[応用例]店舗での利用イメージ

[応用例]店舗での利用イメージ

[応用例]工場での利用イメージ

[応用例]工場での利用イメージ 動線情報から店舗や施設の課題を見える化

特長

1
タグ不要で高精度な位置計測
入店から退店まで動線追跡
2
リアルタイム
行動検知・判定・アクション
3
経営に寄与する
顧客・従業員動線分析
4
ビーコン・カメラ・POSとも連携
コスト抑えて高度な動線分析
5
オムニチャネルマーケティングへ拡大

特長①:タグ不要で高精度

顧客がタグを保持しないにもかかわらず
顧客動線を高精度に追跡し続けます

  • 動線取得には人体に安全なクラス1赤外光レーザーセンサー、または3Dステレオカメラを用いているため、人はタグなどを保持する必要がありません
  • 実績では、位置計測誤差は平均数cm、最大で10cm程度、入店から退店まで平均1時間の顧客滞在時間の店舗で、入店者の約80%~95%を退店まで途切れることなくユニークIDでデータ取得・管理しています。

特長②:リアルタイムな行動検知・判定・アクション

リアルタイムな行動検知・判定・アクション

特長③:顧客・従業員動線分析

欲しい情報はダッシュボード上でひと目で把握でき、KPIアラートやクロス集計により様々な角度から経営に寄与する分析・解析が可能です。

顧客・従業員動線分析

特長④:他の機器と連携しコストを抑えて高度な動線分析

ビーコンやカメラ、POSなどと連携することで、場所や日付をまたいでも“個”の動線をトレースでき、同一人物の動線として分析&利用することができます。

例えば、従業員にビーコンを持たせると、ビーコンで取得できる位置座標と時刻を元にMoptarで取得している精度高い動線に対応する従業員IDを検出します。(Moptarが取得する動線のみでも顧客か従業員かの判定を行うことはできますが個人を特定する従業員IDは取得できません)
このようにビーコンやカメラなど他の機器と連携することで従業員分析を行うことも可能になります。

特長⑤:オムニチャネルマーケティングへの展開

動線・動作データより抽出したお客様各自の売場・商品棚への興味関心度と購買データ、ウェブのアクセスログ、キャンペーンへの反応履歴などを連携させ、店舗⇔ウェブにまたがるオムニチャネルマーケティングが可能になります。

例えば、

顧客動線を利用しデジタルサイネージで
One To One店内広告を行う場合

顧客の売場立寄りや商品棚前行動より顧客ごとに商品への興味関心度を取得し、その商品と相関性のあるレコメンド商品(商品カテゴリ)をデジタルサイネージで広告します。

顧客動線を利用しデジタルサイネージでOne To One店内広告を行う場合

構成

お客様のご要望に応じてシステム環境・ライセンス販売の方法をお選びいただけます。

システム環境

パターン①
オンプレミス =
各種サーバ(APサーバ、DBサーバ、分析サーバ)など
ハードウェア機器をお客様にご用意いただきます。
パターン②
クラウド   =
分析系AP・DBサーバ、OLTP系AP兼DBサーバ、運用監視サーバをクラウド上にご用意します。
  • AWS(EC2/Redshift)、IBM Bluemix(DB2)、Azure(SQL Server)からお選びいただけます。

ライセンス販売方法

  • パターン① 一括販売
  • パターン② 月額販売

一時的なイベントでの利用や、まずは短期間で試してみたい場合には、月額ライセンスを1か月でお試しいただくことも可能です。

導入までの流れ

作業は4つのフェーズで実施します。フェーズ別の作業概要は以下の通りです。

  • フェーズ1:現地図面を入手し、概算見積(センサー台数・導入費)を作成します。
  • フェーズ2:現地調査を行い、業務/運用要件定義後、正式見積(センサー台数・導入費)を作成します。
  • フェーズ3:現地作業によるマップ計測/作成、システム設計後、システムを導入します。
  • フェーズ4:業務/システム運用テストを行い、キャリブレーション/動線精度改善作業を実施します。
導入までの流れ

イベントなど単発での動線を取得するのみであれば、1週間程度で実施可能です。店舗のレイアウトや、動線の活用内容によって異なりますので、まずはお問い合わせください。

  • 「Moptar」はスプリームシステム株式会社の登録商標です。
お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ・資料請求

ページトップへ