シーティーシー・エスピー株式会社

あなたの興味をシゲキする

ITにピリッとスパイスを!あなたの興味をシゲキする IT SPice
IT SPiceをFacebookでチェック IT SPiceをTwitterでチェック

取扱商品

SVF/Dr.Sum

統合帳票基盤/BI・データ活用

logo

概要

近年、ユーザーニーズが深化していくにつれ、製品のターゲット層は「情報システム部門の技術者を対象とする」帳票系と、「経営者などのノンIT層を対象とする」BI系の2系統に分かれる傾向にあります。そこには、企業のシステム開発をする技術者は「システムをより効率的に構築できる」こと、経営者の方々は「ほしいデータを見たい形で活用できる」ことを重要視しているという背景があります。

エンドユーザが求めているのは「はやく・安く・最適に」業務を助けるツールであり、そのニーズを受けて、システムありきではなく“使う人第一”という点を重視しています。無駄な工数をかけない効率的なシステム開発を支援する『SVF』、専門知識を持たないエンドユーザに対して容易なデータ活用環境を提供する『Dr.Sum』。どちらも、「お客様視点に立った製品づくり」ということが常に大前提としてあります。

ためる=データ集計分析、可視化・ひきだす=基幹系帳票出力

主な機能

SVF 統合帳票基盤

帳票作成、帳票システムからシステム基盤を強くする変化対応に応えるツール・ミドルウェア。

SVF は、変化に対応するお客様のシステム基盤に必要な帳票作成システムを目指し、「短期システム構築・早期サービスイン・運用管理/メンテナンスの負荷軽減」をはかる日本の帳票作成ツール・ミドルウエアです。膨大な帳票開発を劇的な生産性とメンテナンス性で実現し、Web帳票運用と基幹帳票運用の双方に一元的な出力環境を提供します。

ビジネスのスピードに応えるシステム基盤を、帳票分野からボトムアップで実現する

帳票分野から考える課題解決

基幹システムの再統合やERP導入によるオープン化、フロント業務のWeb化がますます加速するなか、複雑化する企業システムの簡素化やビジネスのスピードに応えるシステム基盤が問われています。長期的な視野で今後のシステム統合を見据えながらも、短期的な視点から事業の統廃合や運用の変化に応えられる情報システムが欠かせません。
ウイングアーク テクノロジーズは、これまで業務ごとに作られてきた個々の帳票システムを解消し、既存の資産を活かしながら運用に大きな変化を加えることなく、各業務から共通して利用できる帳票システムを考えます。
SVFは、固有のシステム環境に依存せず、多種多様なアプリケーションから柔軟かつ容易に利用可能な真のオープンな帳票運用を実現します。

帳票開発の課題とあり方

日本ならではの帳票に、幅広く適用できるSVF
帳票分野からシステム構築の標準化・一元化・共通化を可能にする。

SVFを構成するフォームデザイナと帳票エンジン 概念図

Dr.Sum EA BI・データ活用

Change the BI 日本のBIを「Dr.Sum EA」が変える。

データを活用する環境を創造する
「Dr.Sum EA」ソリューション

Dr.Sum EAは企業内の膨大な情報を専門的な知識を必要とせずに活用することを可能にするソフトウェアです。
様々な情報を組み合わせて「自由」に集計、状況の変化に対して「柔軟」に対応、操作も直感的な画面で「簡単」。ユーザは利用しながら、データの多角面を発見し、データ活用への創造をかきたてます。コストを抑え、データを活用する環境を創造する。それが「Dr.Sum EA」です。

高速集計エンジン「Dr.Sum EA」 概念図 経営情報の見える化・自由な集計分析

動作環境

SVF動作環境

SVF動作環境はこちら(メーカサイトへ)

Dr.Sum EA動作環境

Dr.Sum EA動作環境はこちら(メーカサイトへ)
お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

お問い合わせ・資料請求

ページトップへ