ビジネスモデル

CTCグループの価値創造ストーリー

CTCグループの価値創造プロセス

ミッションである「明日を変えるITの可能性に挑み、夢のある豊かな社会の実現に貢献する」ため、CTCグループは独自の強みを活かし、お客様や社会が抱える課題やニーズをビジネスを通じて解決していきます。

企業理念と密接に結びついたマテリアリティで長期的に創出する価値を見据えながら、強みである「ビジネスモデル」を力強く動かし、中期経営計画でその取り組みを加速させていきます。CTCグループらしい資本をこのビジネスによって磨き上げ、企業価値を持続的に向上させていきます。

「技」を持続的に成長させるビジネスモデル

当社は創業以来、お客様の課題を起点に、世界中の優れた製品やサービスを発掘し、自らの力とした上で、最適なソリューションにして提供することをビジネスモデルの軸としてきました。この過程で積み上げた技術とノウハウの集合体が、CTCの強さの核となる「フルスタックIT」とそれを支える「グローバルパートナーシップ」です。

ここで意味する「グローバルパートナーシップ」は、海外の付加価値の高いIT商材を持つベンダー(パートナー)を探して販売するという「マルチベンダーパートナーシップ」のみならず、新たな市場を創り出す起業家やそれを支援するベンチャーキャピタルとのパートナーシップ、そして新製品の種となる半導体などの設計企業やメーカーとのパートナーシップなども含まれる多様な関係を表しています。

当社は海外製IT商材の販売を主としたディストリビューターとは違い、ITが活躍すべき分野を先取りしてお客様のニーズを引き出しながら市場を創り出し、それに最も適したIT製品やサービスを国内・海外を問わず発掘し、自らの力とした上で提供することをモットーとしています。そのためにこの「グローバルパートナーシップ」は当社にとって重要な意味を持ちます。

このようなパートナーとともに創り、自らの力とした多くのITサービス商材は、お客様に先進技術を確実にご利用いただくという役割を担い、“Challenging Tomorrow’s Changes”というスローガンのもと、当社の中で現在にも引き継がれ拡大し続けています。

当社のビジネスモデル

つなぎ創るフルスタックITとグローバルパートナーシップ

新たなデジタルテクノロジーによる事業変革をもたらすのは、一つのITサービスからではありません。一つの事業モデルをデジタル環境に実装するためには、様々なITによるサービスを組み合わせ、セキュリティやユーザビリティにも配慮して実装しなければなりません。クラウド時代では様々な新しいサービスが次々とリリースされ、良いものをタイムリーに組み合わせて実装しなければ、より良いサービスの実現はできません。私たちはそれを支えるためのITサービス群を「フルスタック」で保有しています。その多くの選択肢の中からつなぎ創ることで、お客様は最適かつ最新のソリューションを活用することが可能になります。さらに私たちは、幅広い産業分野の顧客企業が抱える多様な課題やニーズによっては、メーカーに対する製品・サービスの改善提案や、不足する技術を自社で開発し補完することも行って、最適解を模索し続けています。

注目される通信ネットワーク分野では、長年にわたり主要通信キャリアのネットワーク構築を手掛けてきた実績と知見を活かし、より高度で複雑な技術要件に応え、5Gを「作る」ビジネスで存在感を発揮していきます 。また、5Gを「使う」ビジネスは、あらゆる「モノ」がネットワークに接続し、リアルタイムで情報が送受信される世界において、様々な産業で創出される可能性があります。5Gを「作る」ビジネスのノウハウに加え、幅広い業界でテクノロジーを通じて経営課題の解決に貢献してきた実績を持つCTCは、DXを推進しようとする企業にとって力強いパートナーとなります。

「拡張性」や「柔軟性」、「迅速性」が求められる事業環境に多様な「グローバルパートナーシップ」を活かし、専門性の高い「フルスタックIT」サービスを最大限に活用しながら挑戦を続けていきます。

CTCグループのサービス群

  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)