明日を変える人材の創出

「ワーク・イン・ライフ」充実のための環境を作ります

SDGsの目標4「質の高い教育をみんなに」5「ジェンダー平等を実現しよう」8「働きがいも 経済成長も」

当社グループは、社員一人ひとりが人生を豊かにする仕事に健康で働きがいを持って取り組み、変化を楽しみながら挑戦と成長を続けることができる環境を整備するとともに、次世代の人材育成のための取り組みも行っています。

2019年度の実績は以下の通りです。

※単:CTC単体、G:国内CTCグループ

マテリアリティ(重要課題) 具体的目標と主要指標(KPI) 実績 対象範囲
人材開発・育成 キャリアフォロー面談実施率(目標100%) 100%
ダイバーシティ推進と働き方変革 ダイバーシティと働き方変革の施策の充実
<ダイバーシティ>
  • 2020年度より、ダイバーシティ基本方針を見直し、LGBT、SOGIへの取り組みを推進。
    同性パートナーを配偶者同等として慶弔や転勤に関する制度を適用することを決定
<働き方変革>
  • 新たな服装の選択肢として、Tシャツを追加
  • 2020年度より、テレワークの活用を全社員に拡大することを決定
有給休暇取得(目標70%以上、取得日数5日未満ゼロ) 有休取得率:72.6%
取得日数5日未満:0人
次代へつなぐ人材づくりへの貢献 高度IT人材拡大への貢献
  • 「AI時代を切り拓くデータサイエンティストを育てる」をテーマに先行する国公私立大学の人材教育を紹介し、参加者とのディスカッションを行うシンポジウムを開催
  • 次世代人材を育成する目的でに一般財団法人CTC未来財団を設立。大学修学のための給付型奨学金や小学生を対象にしたプログラミングワークショップを実施
G
「未来実現IT教室」の推進(目標開催数12回) 14回 G
  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)