build service

新規プロダクト開発、新規事業開発の
エキスパートチームがDX推進を支援します。

DXに関してよく聞かれる課題

  • ビジネス変革の方向性を決めたい
  • DX実現に向け進んでいる実感がない
  • 新規事業の進め方がわからない
  • 内製化を担う人材がいない
  • 最新技術をキャッチアップできない

build serviceなら...

多様なスペシャリストによるチームが構想から開発まで伴走し、
ビジネス変革を持続させる仕組みづくりを支援します。

DXを推進する上で大切なこと

「考える」「作る」共に

考えたものを作る、作ったものを考える。役割やチームとして分断されがちなこの2つの行為は表裏一体の関係です。理想的な未来を考えるために作る、素速く持続的に作るために考える、この仕組みがカルチャーと共に、組織と推進メンバーに定着することが重要です。

1つ目の特徴

ユーザー視点で提供価値を描き、
より早くアイデアを市場にリリースします

UXデザイン、クラウドネイティブ、アジャイル開発を用いたプロセスで実現します。

  • UXデザイン

    ビジネスとユーザーの関係性を正しく理解した上で、ユーザー体験を設計し、製品やサービスの価値向上、運用可能な体制づくりに貢献する。

    • ユーザーリサーチ
    • UIデザイン
    • デザイン組織
    • デザインスプリント
    • デザインシステム
  • クラウドネイティブ

    スケーラブルで高速な最新技術を活用、ビジネスに柔軟性をもたらす技術基盤を構築し、モダンアプリケーションの開発・改善を実現する。

    • AWS
    • GCP
    • Azure
    • マイクロサービス
    • IoT
  • アジャイル開発

    品質を落とさず、より少ない投資でより早くアイデアをリリースできる持続可能な仕組みを提供し、顧客のビジネススピードを加速する。

    • スクラム開発
    • MVP
    • 内製化
    • チームビルディング
2つ目の特徴

お客様の悩みに合わせた
独自のチームを編成します

プロダクト開発に必要なロールを分解し、スペシャリストによる分業制で安定した支援を実現。
事業フェーズに合わせた支援体制のスケールや、お客様の自走を目指したチーム作りが可能です。

一般的な日本企業

1人が複数のロールを兼任

Engineer

build service

ロールを分解したスペシャリストによる分業制

  • Solution
    Owner

  • Solution
    Architect

  • Experience
    Designer

  • Software
    Engineer

  • Quality
    Engineer

  • DevOps
    Engineer

オンライン無料相談会

支援させて頂いた事例の紹介、DXプロジェクト推進に関する相談、Q&Aを行います。

相談例
  • アイデアの実現方法を
    相談したい
  • プロジェクトを進めるためのアドバイスが欲しい
  • 何から始めれば良いか
    相談したい
費用
無料
開催時間
約90分間
(平日10:00〜19:00)
ツール
Zoom

お問い合わせ

サービスの導入・検討にあたってのご質問は、こちらからお問い合わせください。

サービスに関する詳しい説明はこちらから無料でダウンロードが可能です。