ソリューション

Oracle Service Cloud (RightNow)

更新
Oracle Service Cloud

FAQや応対管理のクラウドCRMアプリケーションで、すべての顧客・関係者との接点(電話、メール、チャット、ソーシャル、Web)での対応を一元管理でき、一貫性のある高品質で効率的な対応を受けることが出来るようになります。

Oracle Service Cloud (RightNow)は、27の特許技術を備えたナレッジベースを中核に備え、Webセルフサービスによる顧客自身での自己解決から、お問い合わせに対応するオペレータの支援までを、シングル・ナレッジで提供するカスタマサービスに特化したクラウド型ソリューションです。

製品概要

  • コンタクトセンターのお問い合わせ数を減らしたい
  • FAQを見直したい
  • 応対管理も行いたい
  • チャットやコブラウズ(画面共有)など新しいことにも気軽に取り組んでみたい
  • ソーシャルの分析も簡単にしたい

このようなご要望は「Oracle Service Cloud (RightNow)」で解決できるかもしれません!

OracleServiceCloud 製品構成図

OracleServiceCloud 製品構成図
OracleServiceCloud_WebExperience

Webページによるカスタマサービス

スマートフォンからデスクトップパソコンまで、様々なデバイスで最高のカスタマサービスの提供を可能にします。企業が顧客を「もてなす」ことにより、コンバージョン率や顧客自己解決率を向上(お問い合わせ対応コストが減少)します。RightNowのWebセルフサービスは、単なるFAQとは全く異なり、目的の情報にすばやく到達するための様々な方法を顧客に提供します。

OracleServiceCloud_SocialExperience

ソーシャルメディア上のカスタマサービス

Facebookなどのソーシャルメディアのモニタリングを行い、1つのお問い合わせチャネルとして、プロアクティブに顧客に回答を提供することもできます。ブランディングされたオンライン・コミュニティの作成、Facebookとの統合など、様々なソーシャルメディアで顧客が快適に情報を収集・共有するための環境を構築することができます。

OracleServiceCloud_ContactCenterExperience

使いやすく生産性が向上するコンタクトセンターソリューション

電話、メール、チャットなど様々なチャネルを通じた顧客からのお問い合わせに効果的に対応するためのツールを提供します。顧客情報や状況に応じた適切なノウハウ、サービス利用状況などの情報を一元的に管理・参照できるようになります。オペレータは、どのチャネルからのお問い合わせにも一貫したサービスを提供できます。その結果、オペレータの生産性は向上してコストは下がり、収益が上がります。

対応言語

日本語、英語(米/英/豪)、中国語(標準/広東/台湾)、韓国語、フランス語、ドイツ語など、『33言語』に対応。

  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)

▼ページを選ぶ

このソリューションに関するお問い合わせはこちら

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。