ソリューション

ThousandEyes

更新

ThousandEyesは、イントラネット上の端末からインターネット上の利用サービスまでのネットワークについて経路や障害状況を可視化するクラウドサービスです。複雑な操作をすることなくイントラネット、インターネット、クラウドを統合して一元監視することができ、障害の検知と原因の特定を早期に実現できます。

ThousandEyesはインターネットを可視化します

クラウド利用時のネットワーク管理業務を効率化

近年、デジタル革命にともない、通信技術の進化、スマートフォンやタブレット端末の普及、様々なアプリケーションサービスの登場により、インターネット上のデータ通信量が年々増え続け、費用対効果の高いクラウドサービスの利用を優先的に検討する「クラウドファースト」への取り組みが進んでいます。しかし、自社で情報システムを構築・管理運用するオンプレミス型のシステムと異なり、クラウドサービスにおいては、その雲の中でどのようにデータが行き交っているかを可視化することができませんでした。

このような状況の中、ビジネスクリティカルなサービスやアプリケーションを提供する企業やそれらを利用する企業にとって、ネットワークの不具合や中断は死活問題となります。CTCは、これまで培ってきたクラウドサービスに関する技術力をベースに、様々なサービスに対応できる「クラウドインテグレータ」としての地位向上を目指しており、2008年頃からクラウドへの取り組みを開始しました。IaaSやSaaSなどのパブリッククラウドサービスや特定の企業に向けたプライベートクラウドサービスなどで実績を積み、さらにこのサウザンドアイズのネットワークインテリジェンスを追加することで、問題の迅速な把握と早期のトラブルシューティングが可能になります。

ThousandEyes障害検知イメージ図

  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)

▼ページを選ぶ

このソリューションに関するお問い合わせはこちら

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。