JapaneseEnglish

OutSystems

モデル駆動型開発技術を採用した「ローコード開発プラットフォーム」

OutSystemsとは

複雑なウェブ&モバイルアプリの開発・運用・保守をたった1つの基盤で実現

OutSystemsには、ビジネスニーズに応えるアプリケーションを提供するためのツールがすべて揃っています。開発・保守・運用が完全に統合化された環境を、オンプレミス、クラウド、またはこれらの組み合わせで利用することができます。

堅牢でセキュアなアプリを容易に開発、数分で配備

アイコンベースのビジュアルなモデルからC#やJavaといった既存言語を自動生成することでビジネスニーズにマッチした、スケーラブルでセキュアなアプリケーションを、ワンクリックでビルドから配備まで行うことができます。また従来の人手によるコーディングを可能な限り排除することで、品質を格段に向上させることが可能です。

一般的な標準アーキテクチャを採用

独占的な技術やフレームワークとは違い、OutSystemsは標準化・最適化された.NET及びJ2EEコードを生成し、IIS・WildFly・WebLogicなどのスタンダード基盤へデプロイが可能です。

アプリ開発を従来の何倍も速く、学習も簡単

OutSystemsでのアプリケーション開発は他の一般的なテクノロジーを使用した場合に比べて6倍速いことが、最近の顧客調査で報告されています。また、ビジュアル言語を使ったコードレス開発により、OutSystemsをこれから使う方々のトレーニング期間・コストを削減します。

既存システムとの統合や拡張が自在

OutSystemsはレガシーシステムやデータベースとの統合を簡単に行うことができます。予め備わっている統合・移行ツールにより、主要なパッケージ製品との統合やレガシーデータベースからの移行および既存システムの拡張がすばやく進みます。

一元化された環境でアプリケーションのライフサイクルを完全管理

開発・検証・本番等の各環境のランドスケープを統合されたツールで管理することが可能です。分断されたアプリケーション開発と管理をシームレスに行うことで、ビジネスの変化にすばやく対応することが可能になります。

CTCの強み

2015年の取り扱い開始から一貫して技術サポート面の充実を図り、延べ34名の認定技術者を有しています。現在は、ELITE PARTNER(日本国内には2社)として販売・開発支援活動を行っており、いろいろな開発目的のお客様の期待に応える事が可能です。

関連リンク

OutSystems社 オフィシャルサイト

お問い合せはこちらから

お問い合わせフォーム
トップに戻る