ソリューション

Ayonix

更新
Ayonixロゴ画像

Ayonixは顔認証の分野で独自のDeep Learning技術を使用し、顔の特徴を生成する処理速度が早くリアルタイム認証が可能です。認証するデータを最小化するためCPUの負荷を軽減しハイスペックな機器やN/Wが不要です。また、SDKをマルチプラットフォームで提供している為、多様な環境下での開発が可能です。

Ayonixの概要

Ayonix ‐日本発の顔認識のパイオニアであり、グローバルで展開する顔認証技術のプロバイダーです。2000年始めから独自の顔認証コア技術の開発をスタートさせ、現在は独自3D顔認証エンジンとして業界トップクラスの速度、高性能と評価を受けています。

会社名 アヨニックス株式会社(Ayonix corp)
CEO Dr. Sadi Vural
設立 2007年
本社所在地 東京都品川区
事業範囲 顔認証・セキュリティおよびマーケティング
パートナー 伊藤忠テクノソリューションズ(国内総代理店)

Ayonix取扱製品

ayonix取扱製品

FaceID-SDKの技術と優位性

  • Ayonix社はマルチデバイス対応顔認証エンジン「FaceID-SDK 」を提供します。
  • 独自のDeepLearning技術で処理を高速化、AFID生成によりCPU負荷の軽減をします。
  • 顔認証でパッケージを主体としてた製品とは異なり、特定の製品に依存せずお客様のニーズに合った柔軟な開発が可能になります。
  • 各種OSや各種言語に対応します。

技術概要

優位性

FaceID SDK 対応環境

Windows ・C言語
・C++
・C#
・Java
Linux ・C言語
・C++
iOS ・Objective-C
Android ・Java

AICAMの特徴

  • FaceID-SDKの機能をIPカメラに搭載することにより中央管理サーバーに集中する処理をエッジ側に分散します。
  • 大規模なカメラ台数でもネットワークやシステムに負荷をかけません。
  • サーバコスト・ネットワークコストの削減が可能になります。

従来のサーバ処理からエッジ処理へ

従来のサーバ処理からエッジ処理へ

Ayonixの全体的な概念図

Ayonix(顔認証)の適応範囲

Ayonix社製品 導入事例

CTCの導入事例→全社入退室管理へ顔認証適用

お問い合わせ

サービススプリントチーム Ayonix 担当まで
下記フォームよりお問合せをお願いいたします。
なお、お問い合わせの際には、フォーム内のお問合せのソリューションにて「Ayonix」を選択ください。
  • Androidは、Google LLC の商標です。
  • iOSは、Apple Inc.のOS名称です。IOSは、Cisco Systems,Inc.またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating System です。
  • その他、記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)

▼ページを選ぶ

このソリューションに関するお問い合わせはこちら

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。