ソリューション

文書管理 EIMANAGER

更新
EIMANAGER

企業内の散財する文書を一元管理し共有することで価値のある資産とし、生産性や品質を高めることが出来る文書管理ソリューションです。

新着情報

待望のBox連携機能リリースのお知らせ(2021年3月)

日本企業様向けの操作性のよい文書管理システム「EIMANAGER」で作成・承認した文書を容量無制限のストレージを持つ「Box」で保管・共有することで、テレワーク下における業務効率とセキュリティにおける課題をまとめて解決します。 現在先着20社様限定でBoxのIDもセットになったお得なスタートパックもご用意しております。

EIMANAGERの特徴

1.すぐに使える文書管理パッケージ

大手製造業のわがままな現場の声に応え成長を続けた文書管理を、オンプレミスパッケージ、又はクラウドサービスとしてそのままお使い頂けます。

2.企業の業務に合わせた機能開発

コンテンツ管理基盤を活用して、業務に合わせたインターフェースを自由に設計できます。
企業内情報の一元管理と、ユーザのさらなる利便性の向上を実現します。

3.CTC自社開発の信頼性と導入実績

製品開発、カスタマイズ開発、サポート、製品企画推進、製品に関わる全ての要員が一貫体制で、情報共有、情報交換検討を行いながら、製品の対応を致します。

製品に関わる全ての要員が一貫体制で対応をいたします

提供形態

下記3種類の提供パターンがございます。EIMANAGERはユーザーライセンス形式となっており、ご利用ユーザ数分のライセンスが必要になります。

分類 提供ソフトウェア 価格 概要
文書管理サービス
(SaaS)
クラウドサービス ライセンス:12万円(100ID)/月~
初期構築費用:20万円
ディスク容量:10GB
最低6ヶ月からのご契約となります。
オプション機能(※1)は利用不可です。
文書管理パッケージ オンプレミス ライセンス:180万円(100ID)~
インストール費用:80万円
お客様の動作環境(※2)にて、「文書管理システム」をご利用頂けます。
開発フレームワーク フレームワーク ライセンス:2,150万円(1000ID)~
インストール費用:80万円(※3)
お客様の動作環境にて、「EIMANAGERのAPIを用いて開発されたアプリケーション」をご利用頂けます。
  • ※1 WebDAVオプション、紙文書インターフェースオプション、PDF変換オプションがございます。
  • ※2 文書管理パッケージと開発フレームワークの場合、動作環境(ハードウェア、OS、Oracle DB)が必要となります。(参考価格700万円~)
  • ※3 お客様にて開発を行う場合、開発ライセンス300万円が別途必要となります。 弊社にて開発を承る場合は、別途開発費用のお見積りをさせて頂きます。

詳しい特徴や機能はこちらをご覧ください(動画)

EIMANAGERの特徴、機能、事例についてご紹介しています。

EIMANAGER文書管理の概要紹介
お問合せはこちら

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
EIMANGER 製品主管

TEL:03-6403-2220
E-mail:eim_sales@ctc-g.co.jp

  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)

このソリューションに関するお問い合わせはこちら

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。