ソリューション

オールインワン電子ホワイトボード「IdeaHub」

更新
IdeaHub

ホワイトボード、プロジェクタ、Web会議を1台で実現するオールインワン電子ホワイトボード

AI搭載の電子ホワイトボードがオフィス・教室とリモートをつなぐことで新しい会議の形を実現

いつもの会議や講義など、複数人での情報共有や共同作業を効率化するためにはどうすればよいでしょうか?
「テレワーク中の社員とアイデアを共有したい」「細かな図面や数字を大きくわかりやすく表示したい」「会議室の設備を気にせず、すぐに会議を始めたい」など、いくつかの課題を解決する必要があります。
電子ホワイトボードは、パソコンの画像を大画面に映し出し、その画面上で直接操作や書き込みを行い、その内容をデータとして保存・共有することができるICT機器です。
進化した電子ホワイトボードで、新しい働き方を始めてみませんか。

AI搭載の電子ホワイトボードがオフィス・教室とリモートをつなぐことで新しい会議の形を実現

新時代の働き方を提案する電子ホワイトボード

特長1 ホワイトボード機能「画面に書きこむ」

手書きと変わらない滑らかさで、ペンや手で画面に直接書き込むことができます。

  • 35msの低遅延と1mmの精度で、手書きと変わらない速度で書くことができます
  • 手書きの文字や図形をAI-OCR機能が認識し、すばやくデジタル変換します
  • タブレットのような操作性で、文字や画像のズームインやズームアウト、移動等が可能です
  • 簡単にページを追加でき、100ページまで書くことができます

特長2 プロジェクター機能「大画面に資料を映す」

持ち寄ったPCやタブレットを大画面に投影して、すぐに会議を始められます。紙の配布は必要ありません。

  • 専用ツールを使えば、ソフトウェアのインストールなしでで簡単に画面投影できます
  • ワイヤレスでAndroid、iOSの画面共有も可能です
  • 投影した画面をPC側とIdeaHub側の双方から操作できます
  • 最大9デバイスを同時に接続し、マルチスクリーンで9画面まで分割して表示します

特長3 Web会議機能「遠隔地とつながる」

テレワークの社員や離れた拠点間とも、Web会議アプリを使ってリアルタイムに共有ができます。

  • Windows10を内蔵しているため、ケーブル接続が不要で、ボタンひとつで切り替え可能です
  • 本体に4Kカメラと12アレイのマイクを標準装備し、クリアな画質でのWeb会議を実現します
  • AIが話し手を自動でクローズアップして表示します
  • ノイズキャンセリング機能で、周囲の雑音を気にすることなくWeb会議を行うことができます

その他の特長

ホワイトボードや書き込みをした内容をPDF化し、すぐにメールやクラウドを通して共有できます。

  • 画面表示している画像はスクリーンショット撮影し、直接書き込みが可能です
  • ホワイトボードデータをPDF化し、メールやファイル共有サービスを通して簡単に共有できます

主な活用の仕方

レビュー作業の効率化に

ノートPCやWeb会議アプリから大画面に映した資料のスクリーンショットを撮影し、その画面に直接指摘事項を書き込むことができます。書き込んだ内容はそのままPDF化し、保存やメール送信をすることで、すぐに修正作業に取り掛かることができます。

イメージ レビュー作業の効率化に

遠隔拠点とのミーティングに

Windows10が内蔵されており、カメラ、マイクも付いています。WindowsからWeb会議のクライアントアプリを利用すれば、テレワーク中の社員や他拠点の社員とすぐにWeb会議を始めることができます。

イメージ 遠隔拠点とのミーティングに
  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)

▼ページを選ぶ

このソリューションに関するお問い合わせはこちら

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。