ソリューション

Lenovo Converged HX

更新

Nutanix ソフトウェアと信頼性No1の System xサーバーを組み合わせたハイパーコンバージド製品

Nutanix ソフトウェアと信頼性No1の System xサーバーを組み合わせたハイパーコンバージドソリューション

Lenovo Converged HXはハイパーコンバージドシェア No1のNutanixソフトウェアと信頼性No1のSystem x サーバーを組み合わせたスケールアウト型の仮想化プラットフォームです。Software Defined Storage技術を活用することによって、従来型の仮想化インフラ抱える課題を解決し、小規模からスタート可能なスケールアウト型の仮想化インフラ環境を提供します。

Lenovo Converged HX の特徴

ハイパーコンバージドシェア No1のNutanixソフトウェア
 ハイパーコンバージドシェア No1のNutanix社ソフトウェア「Prism」と「Acropolis」がパッケージングされており、最も多くの導入実績のあるHyper-Convergedアーキテクチャーをそのまま導入する事が可能です。

信頼性No1のSystem x サーバー
 高信頼性x86サーバーである「System x」は、先進のシステム管理機能、高い信頼性や電力コストの削減、高いパフォーマンスを実現しています。仮想化インフラ環境で重要なサーバーハードウェアを高品質な筺体で導入する事が可能です。

幅広いラインナップ
 リモートオフィス/ブランチオフィス向けの小規模な環境から、ハイパフォーマンス要件にも対応可能な大規模環境まで、ハイパーコンバージドソリューションとして幅広いラインナップからお客様環境に最適な構成え導入する事が可能です。

・ROBO(リモートオフィス/ブランチオフィス向け)
Lenovo Converged HX 1000 Series

・SMB(小規模環境向け)
 Lenovo Converged HX 2000 Series

・Compute-Heavy(CPU/メモリリソース重視)
 Lenovo Converged HX 3000 Series

・Storage-Heavy(Storageリソース重視)
 Lenovo Converged HX 5000 Series

・High-Performance(高負荷ワークロード向け)
 Lenovo Converged HX 7000 Series

HX3310

VDIおよび一般的な仮想化ワークロード向け

HX3310

HX3310

最少構成ノード数:3ノード
ユニット数:1U
最大プロセッサ数:2CPU/44Core
最大メモリ容量:768GB
最大内蔵SSD容量:3.2TB(1.6TB×2)
最大内蔵HDD容量:12.0TB(2.0TB×6)

HX3510-G

NVIDIA Tesla M60 GPUを2基搭載した3D-VDIワークロード向け

HX3510-G

HX3510-G

最少構成ノード数:3ノード
ユニット数:2U
最大プロセッサ数:2CPU/44Core
最大メモリ容量:768GB
最大内蔵SSD容量:3.2TB(1.6TB×2)
最大内蔵HDD容量:12.0TB(2.0TB×6)
GPU:NVIDIA Tesla M60×2

HX5510

大容量のストレージリソースを必要とするワークロード向け

HX5510

HX5510

最少構成ノード数:3ノード
ユニット数:2U
最大プロセッサ数:2CPU/36Core
最大メモリ容量:768GB
最大内蔵SSD容量:3.2TB(1.6TB×2)
最大内蔵HDD容量:48.0TB(8.0TB×6)

  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)

▼ページを選ぶ

このソリューションに関するお問い合わせはこちら

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。