人と技術の
力を集めて
カラフルな未来を創る

未来技術研究所

私たちについて

心揺さぶる未来を本気で創り出す
運命共同体です

私たちCTC未来技術研究所は、2017年4月に設立しました。目的は、伊藤忠テクノソリューションズグループ(CTCグループ)の「未来の事業」を生み出し、CTCグループのメイン事業であるSI事業の先にある新たな可能性を切り開くこと。そのチャレンジにより社会課題の解決に貢献していくことです。これを、CTC単独ではなく、運命を共にするパートナーとの共創による「三方よし」での実現を目指してきました。共に新しい事業の種を見つけ、イノベーション人材を育て、世の中に新しい価値を提案し、事業化することを一貫して実行してきました。

開始から4年あまり。活動の中で膨大な失敗と学びを積み上げてきましたが、ようやく新会社設立などの成果も出てきました。ここで立ち止まらずに次の挑戦を始めています。目指すは「新事業創出の最初の一歩を相談できるチーム」「ビジネスシードが量産できるチーム」。未来技術研究所は、理想と現実の両方を行き来して、時には泥にまみれながら、たくさんの社会問題を解決し、人々の幸せを生み出し続けることを目指します。

01 沿革

History

新しいことを生み出すため
失敗を糧に前進してきました

03 重点フォーカス領域

Field

チャレンジしたい領域が
一致していたら共創しませんか

CTC 未来技術研究所は、コーポレートベンチャーキャピタル、共創プログラム、社内事業化支援プログラムを活用し、以下の3つの領域にフォーカスした事業創出にチャレンジしています。これら領域における事業テーマは、CTCの重要課題(マテリアリティ)とも連動し、自社の強みを生かせるもの、相互に強みを生かしあえるものとしています。私たちと共創をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

  • スマートワーク

    働くをもっと楽しく粋に

    時間や空間にとらわれない働き方をデジタルで実現。更に個人と企業の関係を再構築し、一人ひとりが健幸で自律的に自分らしく働くことで企業や経済の成長を後押しするニューノーマル時代のスマートワーク実現を目指します。

  • スマート物流

    未来の物流実現にむけて

    労働人口の減少、物流配送量の急激な増加など物流における課題に対して、最先端テクノロジーを活用。共同輸配送や輸送網集約など物流の更なる効率化に取り組み、持続可能な未来の物流サービス実現を目指します。

  • スマートタウン

    地域活性化(Quality of Rural Life)

    地域ごとの特性を活かした人に優しく、住み続けられる街づくりにデジタルで貢献をします。まずは高齢化する中での地方の交通課題に対して、「Rural MaaS」の社会実装を目指します。

04 実績

Achievement

2020年6月

TriValue社をジョイントベンチャーとして設立。
荷主・物流・消費者の三方よしの新しい物流に挑戦。

インテリア系大物商材の配送・組立・設置に特化した新しい物流プラットフォーム。荷主・物流事業者・消費者の三方から考え、世の中へ持続可能な価値提供ができるようチャレンジを続けている。倉庫、メーカの在庫管理なども展開予定。

05 未来技術研究所の全体像

Organization

共創を前進させるための
縦横無尽な体制です

アイデア創出を起点に事業化を本気で取り組みます
未来技術研究所の専門プログラム・チーム

事業インキュベーション

新事業アイデアを事業化に向けて育てるメンバーがいます。
CTCの持つ開発力、営業力などを活かしながら、CTCにとっての新しい価値創造、新しいレベニューストリーム創出に向け、多様なメンバーが、多様なステークホルダーの皆様と共に、チャレンジしています。

CTC Innovation Partners(CIP)

新規事業共創のためのコーポレート・ベンチャー・キャピタルです。資金提供はもとより、CTCおよび伊藤忠グループの広いネットワークを活用して社内外のパートナーシップ構築を支援。

Innovation Space DEJIMA

企業の新規事業創出、イノベーション創出、DXにチャレンジする方々やスタートアップがオープンイノベーション・プロジェクト共創を実現するスペースです。CTC社内の新規事業創出プログラムから生まれました。

イノビーチャレンジ

CTC社内の新規事業創出プログラム。2021年度からは、発想した時にいつでも応募できる常時受付型に進化。

06 事業創出フレームワーク

Framework

未来技術研究所のフレームワークを一緒に磨き上げて、
社会問題解決の事業化の数を増やしていきます

各事業化プロジェクトは、事業創出フレームワークに乗せて、一歩一歩事業化に近づいていきます。
多くの社会問題を解決する事業を作り上げるには、さらに多くの事業アイデアが必要です。未来技術研究所では、多くのルートからアイデアの卵を見つけ出し育てています。
ほとんどのプロジェクトのプロジェクトオーナー・コアメンバーはCTCメンバーが担当します。私たちは半端な支援者ではありません。責任を一緒に背負います。プロジェクトの特性に合わせた専門家・エンジニアが伴走します。

07 メンバープロフィール

Member

  • 小高 圭介

    未来技術研究所 所長代行
    TriValue株式会社取締役

    2017年より未来技術研究所にて新規事業開発を担当。2020年のTriValue設立に関与し、事業立上げを経験中。4人の子持ちの父として奮闘しつつ、物流xITなどで、新たな価値創造を目指している。

  • 三塚 明

    エグゼクティブエンジニア

    CTCで扱うERP、CRM、GIS、各種業務ソリューションの技術責任者から、流通、製造業へのITコンサルティングに従事。2017年より介護、少子高齢化、人手不足などの社会課題を解決する新規事業創出に参画。AI、数理解析、シミュレーションなどによる分析を得意とする。現在は地方部の交通課題の解決に奮闘中。

  • 萱間 真人

    プログラマー、アーキテクト、
    アジャイルコーチ

    Webアプリケーションアーキテクトとしてキャリアを開始し、基幹系、B2B 系、B2C系など様々なシステムのアーキテクチャ設計をリード。2014年からアジャイル開発を自身のチームに導入、試行錯誤を重ね、CTCのアジャイル開発ビジネスの萌芽とした。現在、より優れたチーム作りをテーマに活動中。

  • 宇津木 秀章

    オープンイノベーションプログラム
    責任者

    外資クレジットカード会社、外資コンサルファームを経てCTC入社。ビジネスコンサル、ワークスタイル変革、新規サービス企画開発などに従事。2017年にCTCのCVCを設立。パートナーとの共創スペース、社内新規事業創出プログラムと合わせたオープンイノベーションプラットフォームの運営を推進中。

  • 五十嵐 知宏

    Innovation Space DEJIMAリーダー

    通信事業者向けのシステム設計開発、新規ソリューション開発担当を経て、2006年より米国法人に出向し現地スタートアップとのアライアンス構築を担当。その後パートナー企業との共創スペース構想DEJIMAを起案。現在はデジタルツイン、地域連携、DX人材創出などの施策に注力中。

  • 柴田 茉里奈

    イノビーチャレンジ 運営リーダー

    イノビーチャレンジ・プログラムの主担当として、企画、運営を行う。新卒入社し、情報通信や金融業界向けの保守・運用サービス営業として従事。広報部へ異動後は、社内報の企画、制作やコーポレートサイトの運営等、ER業務に取り組む。その経験を活かし、2020年5月より現職。

Contact

心揺さぶる未来を本気で創り出す運命共同体に
加わりませんか

私たちは、社会の問題を解決する新ビジネスを共に創り上げていくパートナーを求めています。興味をお持ちになった方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。