ソリューション

SD512GR

更新

近赤外光領域に感度特性を持つCCDを利用することにより、近赤外光の発光分光分析を可能にする装置です。

近赤外分光装置

SD512GRスペクトロメーター

近赤外光(900nm-1700nm)に対応

  • プロセスリサーチ/化学反応モニタリング
  • 有機化合物の分析
  • 化学品/医薬中間体や完成化学品/医薬品の品質検査
  • ウインドウの曇っている状態で、エンドポイントの検出
  • 光を透過しない物質の膜厚を測定可能

※ 詳細情報につきましては下記フォームにより担当部署までお問い合わせください。

  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)

▼ページを選ぶ

このソリューションに関するお問い合わせはこちら

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。