建設業・ハウスメーカー利用事例

VR/ARシミュレーションによる提案力アップと、提案業務の効率化

こんなお悩みはありませんか?

提案業務の負担が大きい。
生産設計に活かされない。

住宅販売やリフォームの営業は、施主様にとっても大きな買い物であるため、受注に至るまでに多くの時間と労力がかかります。提案用のプランからパース作成、インテリアデザインなど、作成するプレゼン資料の数も膨大です。また、プレゼン用に作成したデザインが実施設計・生産のCADと連携できず、それぞれの段階で無駄な労力が発生しているというお悩みをお持ちの企業も多いはずです。

VividPlatform™なら、提案プレゼンをリアルな3Dシミュレーションでより魅力的に、かつ簡単操作で効率的に作ることができます。
それだけでなく、施主自身が操作したシミュレーションから、実施設計や見積、部材発注など、全てのデータ連携ができるため、業務フロー全体を通じての効率化が図れます。

建設業・ハウスメーカーでのVividPlatform™活用シーン

他社と差をつける魅力的な提案を、指一本で簡単に。

平面図の情報から、簡単にリアルな3D空間を起こすことができます。インテリアパースの作成の手間が低減されます。

VividAR™機能で、実際の空間を写真に撮って、そこに3Dモデルを配置したシミュレーションが可能です。

住設機器のオプション選択、3Dモデルでイメージを掴みながら進められ、すぐに見積も提示することができます。

外壁や外構・ドアなどのシミュレーションに。VividAR™機能と組み合わせ、実際の敷地との納まりも確認できます。

※ハウスの3Dモデルは株式会社ファイン様ご提供

提案も受注後も、他業務との
データ連携で効率アップ

提案用のプレゼン資料を作成するだけでなく、VividPlatform™のデータを活用して、様々な業務にも連携できます。
提案時の見積書やインテリアのマテリアルシート、受注後は工程表と連携したり、部材の数まで拾うことができるのです。完全ペーパーレス化を実現した顧客も多数いっらしゃいます。

機能・活用シーン
  • 製品の空間シミュレーション

    AR/VR技術を用いて製品を空間に配置してプレゼンテーション。レイアウトやデザイン、空間への収まりを検討することができます。

  • リアルタイムの製品カスタマイズ

    AR/VR技術を用いて製品を空間に配置してプレゼンテーション。レイアウトやデザイン、空間への収まりを検討することができます。