ソリューション

HPE SimpliVity

更新

全世界で幅広く導入されているオールインワン・ハイパーコンバージドソリューション。独自技術の重複排除・圧縮機能により、ストレージ容量削減が可能。また、バックアップ/DR機能を標準装備しており、オールインワンでシンプルなITインフラを実現。

HPE SimpliVity

Hyper-Converged製品の特長

HPE SimpliVityはSDS(Software Defined Storage)技術を活用する事によって、外部ストレージを用いないスケールアウト型のプライベートクラウドソリューション製品です。

特長① スケールアウト型アーキテクチャ

特長① スケールアウト型アーキテクチャ
  • 筐体を追加するだけでリソース/性能がリニアにスケールアウト
  • スモールスタートで初期投資を軽減

特長② シンプル構成

特長② シンプル構成
  • SDS技術により各筐体内の内蔵ディスクを共有ストレージ化、外部ストレージが不要
  • 省電力・省スペース

特長③ 簡単操作

特長③ 簡単操作
  • vCenter Pluginの管理ツールにより、一元的な管理運用が可能
  • 容易な拡張作業

HPE SimpliVity 380はここが違う!

ポイント① 驚異的に優秀なストレージ

  • HPE独自のアーキテクチャにより、高精度の重複排除とデータ圧縮を実現
  • RAIN+RAIDで他社HCIよりも1レベル上のデータ可用性を実現

ポイント② 究極にシンプルなITインフラ

  • 管理・操作はvCenter UIプラグインから実施可能
  • 標準でバックアップ機能を搭載、秒速バックアップを実現
  • 運用をシンプルに。世代交代も無停止による順次入替が可能

ポイント③ HPE ProLiantクオリティ

  • 世界で最も利用されいてるHPE ProLiantサーバーを採用
  • iLO搭載でファームウェアレベルの改ざん防止対策済み
ポイント③ HPE ProLiantクオリティ

CTC の強み

CTCは1992年、旧Compaq製品時代から取り扱いを開始し、製品販売だけでなく、システムの構築、運用、保守を含む一貫したサービスを提供してきました。
HPEのエンタープライズ製品群を組み合わせることで、最新かつ堅牢なIT基盤をお客様へ提供しています。

  • HPEプラチナパートナー
    (最上位のパートナー)
  • 3期連続 「SimpliVity MVP」 受賞
    (HCI のSimpliVityの販売実績を評価され国内No1パートナーとして受賞)
  • 全国約100ヵ所のサービス拠点を構え、24時間365日、サーバー、ストレージ、ネットワークの保守が可能
    ※一部製品を除く
  • 「Global Solution Provider of the Year 2018」受賞
    (情報通信、流通、SMBマーケットでのHPEビジネスの拡大をワールドワイドで評価)
  • 2017年下半期「データセンターケアベストセラー賞」受賞
    (CTCテクノロジー:製品保守での技術力や専門知識が評価され受賞)
  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)

▼ページを選ぶ

このソリューションに関するお問い合わせはこちら

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。