未来実現IT教室 ~ Children's Technology Challenge ~

未来実現IT教室 ~ Children's Technology Challenge ~、プログラミングを楽しく学んで未来を広げよう!

プログラミングは、みんなの身の回りの色々なことを便利にしたり、楽しくしてくれたり、困っていることを解決したりしてくれる技術です。
プログラミングができるとみんなの毎日や未来が広がるよ!
この教室をプログラミングを自由に使いこなすきっかけにしちゃおう!

教室について

タブレットでプログラミングを体験

未来実現IT教室 ~Children's Technology Challenge~

保護者の方へ

「未来実現IT教室 ~Children's Technology Challenge~」は、日常の中にあるプログラミングをみんなで体験する教室です。

プログラミングで作品をつくることを通して、課題を発見したり、解決したり、ものをつくる仕組みを理解したり、新たな視点に気づくことができます。
また、プログラミングを楽しく学習することで、創造力や表現力も育まれます。

未来実現IT教室~Children's Technology Challenge~ タブレットでチャレンジ!プログラミングワークショップは、阿部和広先生(*応援団メッセージ参照)に監修いただいております。

応援団メッセージ

阿部 和広(青山学院大学社会情報学部 客員教授)

阿部 和広(青山学院大学社会情報学部 客員教授)

みなさんは、いつもゲーム機で遊んでいますね。中には、スマートフォンやタブレットを持っている人もいるかもしれません。でも、ゲームがどのように作られているのかを知っていますか。それを可能にしているのがコンピュータへの命令、つまりプログラムです。
この教室では、iPad上のPyonkee(ピョンキー)*というソフトを使って、プログラミングを体験できます。自分で考えたゲームやアニメをタブレットで動かせるなんてちょっとすごくないですか。デジタル機器を使うだけでなく、作る楽しさを経験してみてください。

安藤 明伸(国立大学法人 宮城教育大学 技術教育講座 准教授)

安藤 明伸(国立大学法人 宮城教育大学 技術教育講座 准教授)

今世界中でプログラミングに取り組む子供達が増えています。それは、これまで遊ぶだけだったコンピュータを、自分の思い通りに動かせるようになることで、学校の従来の授業だけでは得られにくい工夫・創造する力や、物事を細かく理解する力が付くからです。
このワークショップでは、困った時に、直ぐにスタッフが“一緒に”考えてくれ、答えではなく“考え方”を教えてくれます。
お子さんの隠れた力を発揮できるかもしれませんよ。

石戸 奈々子(NPO法人CANVAS理事長/慶應義塾大学准教授/総務省情報通信審議会委員)

石戸 奈々子(NPO法人CANVAS理事長/慶應義塾大学准教授/総務省情報通信審議会委員)

デジタル技術は私たちの力を拡張してくれます。
世界中の知に接することができるようになります。世界中の人と協働することができるようになります。世界中の人にアイデアを伝えることができるようになります。そしてなによりもアイデアを形にすることができるようになります。創造力は無限大に広がるのです。
プログラミングを身につけた子どもたちが、これからの新しい社会を築いてくれると信じてます。

土井 謙治(岩沼市立岩沼小学校 教諭)

土井 謙治(宮城県 岩沼市立岩沼小学校 教諭)

「未来実現IT教室」を実施していただきました。
子供たちが一人一人iPadを操作しながら「遊べる物語」をつくる姿は真剣そのもの。真剣な中にも数々の楽しみや学び、発見がたくさんちりばめられています。
キーワードは・・・「楽しんで試行錯誤」
トライ&エラーを繰り返しながら、子供たちが学びを深めます。
「未来実現」の文字通り、子供たち「の」未来をつくる、そして、子供たち「が」未来をつくる可能性を広げてくれます。

ワークショップの様子

青いポロシャツを着たスタッフが
優しく教えてくれるよ!

*この教室は、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社と特定非営利活動法人CANVASで企画・運営しています。

ページの
先頭へ戻る