JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、デカルト社と提携・グローバルロジスティクスソリューションを提供開始

物流プロセスの自動化と最適化により物流コストの削減を実現

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菊地哲)は、THE DESCARTES SYSTEMS GROUP INC.(以下:デカルト社、本社:カナダ オンタリオ、CEO:Arthur Mesher)と戦略的提携に合意し、7月1日より、グローバルレベルで輸送計画や輸送手配、予実管理などが可能なデカルト社のITサービスを活用したグローバルロジスティクスソリューションの提供を開始します。

デカルト社のITサービスについて

海外に物流、販売などの拠点を有する企業や、ECサイトを通じて商品を販売する企業、卸売業者にとって、物流網の最適化や効率化は企業経営の重要な課題です。また、生産や物流拠点の多様化、広域化に伴い、輸配送のリードタイムの短縮や一元管理など、サプライチェーンの再構築は急務となっています。
デカルト社が提供するITサービスは、物流に特化し、30年の実績があります。物流情報専用ネットワークでリアルタイムに輸送品や輸送業者、手段、スケジュール、料金といった情報の共有ができる世界最大の物流ビジネス基盤「Global Logistics Network(以下:GLN)」を中心に、多言語化対応の様々なアプリケーションから構成され、荷主と物流企業の約35,000の拠点で活用されています。

CTCのグローバルロジスティクスソリューションについて

CTCが提供する「グローバルロジスティクスソリューション」は、クラウド型で提供します。デカルト社のITサービスをベースに、アプリケーションの日本語化対応、インプリメント、導入支援、保守サポートまで対応した、特に製造業向けに効果を発揮する物流ソリューションです。基本使用料と利用料(従量課金)で利用でき、企業が独自にシステム導入する場合と比較して、最大でコストを50%削減することが可能です。システム構築期間も大幅に短縮され、導入後の維持管理も容易です。CTCのデータセンターから提供するサービスのため、BCP対策として自社のシステムと連携させたハイブリッド型でも利用いただけます。
倉庫事業者や陸・海・空の輸配送業者、取引先同士など輸配送関連先と通信できる世界最大級の物流専用基盤GLNと連動し、手配から決済までをワンストップで提供します。GLNの双方向通信を利用しサプライチェーン全体をリアルタイム化するクラウド型ソリューションの提供は国内初となります。
まず、7月1日から、輸配送や顧客訪問計画を自動化するアプリケーションである「Route Planner」、それをリアルタイムで管理する「Mobile Link」、GLNの機能をワイヤレスで活用できる「wGLN」をCTCの既存サービス「MAMS(モバイルアセットマネージメントサービス)」の拡張機能として提供します。秋をめどに、最適な輸送モードや業者、レート自動選択し、物流プロセスを最適化する「Transportation Manager」、国際的な物流工程を可視化できる「Visibility」機能を追加し、順次サービスを拡張していきます。
本サービスの開始にあたり、CTCは4月から約10名の専門組織を立ち上げました。メーカートレーニングを積んだエンジニアが顧客への導入支援を実施します。

CTCは、車両等の移動体資産を可視化し、管理業務を最適化するクラウドサービス「MAMS」提供で得た、リアルタイム管理化や最適化支援のノウハウを活かして、顧客のサプライチェーン再構築を支援していきます。

らでぃっしゅぼーやが導入

なお、第1号ユーザとして、らでぃしゅぼーや株式会社が、7月1日より、自社の商品配送業務における、お客様サービスの向上と配送員である「クルー」の業務改善と効率化を目的に、グローバルロジスティクスソリューションの利用を開始します。自動配送計画アプリケーションの「Route Planner」と、クルーの業務効率改善が可能な「Mobile Link」を活用することで、オーダーシステムと連動した配送計画の自動作成やスマートフォンを使用したきめ細かなお客様対応が可能になります。「Mobile Link」はNTTドコモのアンドロイドスマートフォン上で活用されます。スマートフォンを採用することにより配送業務の予実管理やPOD(Proof of Delivery)の取得、スマートフォン上でのアンケート取得など、きめ細かなお客様対応が可能となります。
今回の発表について、各社からコメントをいただいています。

カシオ計算機株式会社
カシオ計算機株式会社は、CTCのグローバルロジスティクスソリューションの発表を歓迎いたします。 カシオ計算機の30年に渡るモバイル端末のノウハウと、車両等の移動体資産を可視化するソリューションに取り組んできたCTCとの協業により、お客様への更なる満足度の向上に尽力して参ります。

株式会社フォーカスシステムズ 取締役ITサービス事業本部長 室井誠
株式会社フォーカスシステムズは、この度、CTCの「MAMS」インテグレーションパートナーを務めさせていただきます事を、大変光栄に思っております。
「MAMS」は企業の移動する資産(人、自動車など)を最大限有効活用するために、移動ルートの計画、位置情報などを用いた実行管理、レポーティングや分析機能など、PDCAサイクル全般にわたる機能を持つクラウドサービスです。短期間で導入できるため、環境変化に遅れることなく、お客様のビジネスの成長に貢献できる切り札であると確信しております。
当社は、EDI、ロジスティクス分野におけるインテグレーション実績と技術力で、MAMSのソリューションを有機的にお客様の既存システムや業務フローにつなげるための支援をさせていただきます。

2012年7月13日開催の「ロジスティクス・SCM+ 流通セミナー」で、提供を開始するクラウドサービスについてご紹介します。詳細はセミナー紹介サイトをご参照ください。

セミナー紹介サイト
http://www.l-partner.co.jp/lfs/

CTCのグローバルロジスティクスソリューション紹介Webサイト

http://www.lbe.jp

グローバルロジスティクスソリューション全体イメージ

グローバルロジスティクスソリューション全体イメージ

アプリケーション連携イメージ

アプリケーション連携イメージ

活用例:Transportation Manager機能

活用例:Transportation Manager機能

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る