JapanEnglish

ニュース

プレスリリース

CTC、横浜銀行の仮想化共通基盤を構築

サーバ台数を10分の1に集約し、ITインフラ、運用業務、コストの最適化を実現

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)は、株式会社横浜銀行(頭取:寺澤 辰麿、本社:神奈川県横浜市、以下:横浜銀行)の仮想化共通基盤をエヌ・ティ・ティ・データ・フォース株式会社(代表取締役社長:吉岡 博充、本社:神奈川県横浜市、以下:NTTデータフォース)と共同で構築しました。昨年より約200台のサーバを対象にサブシステムの整理・統合を行い、仮想化共通基盤を構築、第一弾となる本番環境の移行作業が完了しました。
横浜銀行では、個別要件に基づき都度システムを導入してきたため、構築費用や保守・運用の管理負担が増大していました。そこで、ITコスト削減を主な目的として、サブシステムを整理し、ヴイエムウェア社のVMware vSphere(R)等を中心とした仮想化技術を活用して、サブシステム共通のシステム基盤整備を実施する方針を決定。勘定系システムを除く約200台のサブシステムを、仮想化共通基盤に統合し、更改期を迎えたシステムから順次移行していきます。

CTCのインフラ最適化コンサルティングサービスである「SOIDEAL」や、プライベートクラウド・ソリューションである「VM Pool」の導入によって見込まれる主要な効果は、「ハードウェアコストの削減」、「開発期間の短縮」、「利用効率の向上」です。仮想化によりサーバ台数が10分の1となるため、新規のハードウェア費用が削減できます。仮想化共通基盤が導入されれば、個別にシステム基盤開発に要していた時間が削減され、開発期間が短縮されます。また、仮想サーバの利用実態に応じたシステム資源の割当変更が容易となるため、利用効率も向上します。

横浜銀行では、仮想化共通基盤によりサーバ統合を実現させた後は、運用効率化や災害対策等を段階的に行なっていく予定です。CTCでは、NTTデータフォースと共に、横浜銀行の仮想化共通基盤の増設、保守、運用をサポートいたします。

本件に関するお問い合わせ先

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部

TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-Mail:press@ctc-g.co.jp

現在掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

トップに戻る