CTC新卒採用2021 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 CTC新卒採用2021 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

Person

System Engineer

Keisuke Tokuda

徳田 圭祐

Profile

システムエンジニア

徳田 圭祐

理工学研究科
2009年入社
公共・広域事業グループ

Q
就職活動の思い出を聞かせてください。
A
エンジニア志望でIT業界を中心に見ていましたが、ある企業の採用担当者に「君はシステムエンジニアには向いていない。研究職を目指したらどうか」と言われました。大学院でも研究をしていたので、そのまま続けるべきなのかとも迷いました。しかし、ITの技術を活かして社会の役に立つ仕事をし、その実感を得たいという思いが強く、また、生まれ育った関西を離れ、違う世界も見てみたいと思い、東京に本社を構えるCTCを選びました。
Q
CTCに決めた理由を教えてください。
A
先に述べたように、私はITの技術を活かして社会の役に立つ仕事がしたいと考えていました。ただ、何がしたいのか、何を作りたいのかと具体的なことまではイメージできていなかったのが正直なところです。その中で出会ったCTCのエンジニアの仕事は、インフラ構築からアプリケーション開発まで多岐にわたり、お客様の業界も幅広いため、様々な業界のノウハウを柔軟に応用していけるところがとても魅力的でした。色々な仕事があるなら、私の希望を実現する方法もきっと見つかるはずだと感じられたことが最大の決め手となり、CTCへ入社を決めました。
Q
入社後、初めて発見したCTCの魅力は?
A
専門性の高い技術も惜しみなく教えてくれる、オープンな社風があることです。新入社員の時、インフラエンジニア(ネットワークの基盤を整備するエンジニア)の先輩がトレーナーについてくださったのですが、あまり知らなかった基盤について詳しく勉強できる機会となり、現在の担当業務知識の基礎となっています。
Q
今、取り組んでいる仕事の内容を教えてください。
A
公共機関の業務システムの構築と、運用・保守を担当しています。私たちの生活に欠かせない基幹サービスが多く、中には国を支える機関のシステムを担当することもあります。もし国のシステムが止まってしまった場合、社会的な影響は大きいと思うと責任が重い分、仕事の醍醐味も感じています。新たなシステムが稼働する際には新聞に掲載されたり、成果が目に見えやすいのも、モチベーションに繋がります。仕事の面白さを感じる瞬間は、社会を支えている舞台裏や仕組みを知ることができたときです。見てみたい、知りたがるという好奇心を持ちながら、社会への貢献を実感しています。
Q
職場の雰囲気はどうですか?
A
気さくで話が面白い人が多く、自由な雰囲気だと思います。私の部署は文系出身者が多いので、子供の頃からパソコンに興味を持っていた理系の私からすると、新鮮に感じることが多いです。コミュニケーションを重ねていくうちに、文系と理系では思考のプロセスに少し違いがあることに気づき、人生において大きな収穫となりました。お客様もITに強い方ばかりではありませんから、どんなふうに伝えれば理解してもらえるのか、プレゼンや資料作成の時にもこの感覚は役立っています。また、幅広い年代の先輩方と仕事をする機会も多いので、とても勉強になります。
Q
仕事のスキルアップのためにしていること、したいことを教えてください。
A
本を読むようにしています。ジャンルは問わず、小説も好きです。気になることは調べるようにしていますが、一見、仕事とは関係ないと思えるようなことにもアイデアのタネがあると思います。Audibleを使い始めたので、通勤時間などに「聴く」のが最近のスタイルですね。
Q
心に響いた上司や先輩からの言葉があれば教えてください。
A
「仕事は大変なことも多いけど、楽しいこと、うれしいこともたくさんあります。」新入社員研修が終わり、いざ部署への配属になる時に、トレーナーの先輩からいただいたメッセージカードにこう書かれていました。新しい環境や仕事に対して期待もありましたが、やはり漠然とした不安もあったので、先輩の温かな心遣いにとても感激しました。シンプルなメッセージですが、仕事はまさにこの繰り返しなのだと、先輩の言葉を日々実感しています。今でもこのカードを大切に持っています。
Q
最後に、CTCへの就職を目指す学生へのメッセージをお願いします。
A
「CTCに興味がある」それが一番大事だと思います。ITに対する興味や関心、好奇心が本物ならば、入ってから技術を学ぶ機会はたくさんあるので、成長できると思います。今の段階でわからないことがあるのは当たり前です。興味を原動力に突き進みましょう。もちろん、文系の方にもチャレンジしてほしいと思います。
Item
ロディアのブロックメモ。「メモはしっかり取るように」と先輩に教えられ、今でも心がけています。上質な文房具を使うとモチベーションがあがるので、仕事もはかどります。
ロディアのブロックメモ。「メモはしっかり取るように」と先輩に教えられ、今でも心がけています。上質な文房具を使うとモチベーションがあがるので、仕事もはかどります。

一日の流れ

9:00
出社

メールや1日のスケジュール確認

10:00
打合せ準備

顧客打合せに向けた最終準備

12:00
ランチ

14:00
打合せ

お客様先にて打合せ

17:00
翌日以降の準備

顧客からの問合せ対応準備や、他案件の準備

19:00
退勤

「CTCの人」をもっと見る