CTC新卒採用 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 CTC新卒採用 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

Person

System Engineer

Kota Ito

伊藤 宏太

Profile

システムエンジニア

伊藤 宏太

理工学部
2016年入社
エンタープライズ事業グループ

Q
就職活動の思い出を聞かせてください。
A
IT業界を目指している同級生が多く、力を合わせて就職活動に取り組んでいました。皆でタイムリーに情報交換しながら、肩の力を抜いて取り組むことができたので、仲間には感謝しています。希望の業界は早くからIT業界と定めていましたので、たくさんの企業を回って話を聞きました。CTCの座談会やグループワークでは、ポジティブで向上心あふれる先輩たちの姿が印象的で、自分もそこに身を置いて力を付けたいと感じました。
Q
CTCに決めた理由を教えてください。
A
CTCの説明会や面接に来ている学生は、意欲的で志の高い人が多く、良い刺激を受けながら仕事が出来る環境なのではないかと思いました。長期的なキャリアを考えた結果、高い志を持った仲間と切磋琢磨しながら成長していきたいと考え、入社を決めました。
Q
今、取り組んでいる仕事の内容を教えてください。
A
私のお客様は大手の石油元売り企業で、業務内容は、システムの提案、開発、保守です。製品販売も行いますので、要件定義や見積の作成といった上流工程から、システム構築、運用・保守の下流工程まで担います。私もエンジニアでありながら、見積も作れば提案もして、設計、構築、テストまで、幅広い業務を手がけています。現在のお客様には古くからお取り引きいただいていますので、時には厳しいご指摘もいただきますが、入社して数年を経て、ようやくお客様のご要望に沿った提案が出せるようになってきたと思います。
Q
仕事を通じて成長を感じたのはどのような時ですか?
A
システムの仕組みを根本的に理解していないと、お客様との会話についていくので精一杯になりますが、最近は能動的に意見が出せるようになり、成長を感じています。自信がついてきたせいか、逆にお客様への質問も率直にできるようになりました。先日も、納入したシステムの機能がユーザーの方々にどのように使われているのか、ヒアリングを行いました。コミュニケーションを深めることで、ご要望への理解が進み、より良好な関係を築く素地ができるのだと思います。お客様が私に対して「良いところ、さらに望むところ」を伝えてくださることもあり、信頼されているからこその言葉が、ありがたかったです。もっと期待に応えなくてはと、モチベーションにつながっています。
Q
担当の分野で活躍するためには、どのようなスキルが必要だと考えますか?
A
IT業界や最新技術の動向に対する興味は不可欠ですね。私が所属している部署はアプリケーション開発も行うので、プログラミングのスキルも必要です。ですが、入社後に技術を学ぶ研修もありますので、興味とやる気さえあれば、そこで身につけることもできます。私も理工学部出身で、情報系ではなかったのでプログラミングは入社後に学びました。他にも研修が充実しているので、自分のキャリアに応じて研修を受けることができます。IT業界でキャリアを積むために資格は取得しておくべきですし、社内でも資格取得のために学んでいる社員は大勢います。
Q
現在活用している、もしくは活用したいと思っている社内制度はありますか?
A
部活の相互会に所属しています。部署や年齢を超えて交流できるので、日頃の業務ではなかなか話をする機会がない方たちと知り合うことができ、人間関係が広がりました。自分の業務についても他部署の方に意見を聞くと、全く別の視点から見ることができて、気づきをいただいています。
Q
職場の雰囲気はどうですか?
A
オン/オフのメリハリがありますね。仕事中は皆さん集中力が高いですが、オフの時には雑談をしたりと、社内の風通しは良く、上司・部下間のコミュニケーションも密です。個人的に飲みに行くのが好きなこともあり、社内をいとわずそういった機会の中で、先輩には何でも教えてもらい、キャリアパスについても色々とアドバイスをもらっています。最近は「働き方変革」で服装を自由化したためか、社内の雰囲気がずいぶん変わりました。ビジネスカジュアルなので、暑い時期はTシャツでもOK。TPOに応じて服装を選べるので、動きやすくてラクですね。
Q
最後に、CTCへの就職を目指す学生にメッセージをお願いします。
A
CTCは幅広い業界をカバーしているので、あらゆる分野でキャリアを積むチャンスがあります。反面、部署によって業務内容や仕事の進め方が異なるので、積極的に情報収集して理解を深め、自分は何をやりたいのか、ぜひしっかりと考えてもらいたいですね。私の所属部署では、営業的な上流工程からモノ作りまで経験できるのが魅力です。とはいえ、1~2年目はコーディングなど技術面の研鑽は必須です。CTCは自ら頑張る人の会社。自分から未来をつかみに行く人には、良い選択肢になると思います。
Item
就職祝いに姉からプレゼントされたビジネスバッグ。普段はリュックを使っていますが、大事な取引きの時には初心を忘れないように、今もこのバッグで行きます。
就職祝いに姉からプレゼントされたビジネスバッグ。普段はリュックを使っていますが、大事な取引きの時には初心を忘れないように、今もこのバッグで行きます。

一日の流れ

9:00
出社

お客様のメールをチェックして、Tocaroもチェック。

10:00
デスクワーク

お客様から依頼があった案件の調査、作業を実施。

11:00
社内打ち合わせ

開発案件の進捗レビュー。

12:00
ランチ

13:00
デスクワーク

レビュー内容を受けて、資料やプログラムを見直し。

14:00
デスクワーク

お客様との定例会資料の再確認。

16:00
客先打ち合わせ

お客様先へ訪問、定例会を実施。

18:00
退社

お客様先より直帰。

「CTCの人」をもっと見る