CTC新卒採用 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 CTC新卒採用 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

Person

System Engineer

Toyoki Kikuta

菊田 豊貴

Profile

システムエンジニア

菊田 豊貴

政治経済学部
2016年入社
流通事業グループ

Q
就職活動の思い出を聞かせてください。
A
就職活動では、社会的影響力の高さや先進性を踏まえて、IT業界に絞り込んでいました。その中でもCTCは、座談会などで話した先輩社員がざっくばらんに様々なことを話してくれました。自分のキャリアパスなども話していたのが印象的でした。社員1人1人が自分のキャリアを考えていて、自分の未来を自由に展望できる会社なのだと感じました。
Q
CTCに決めた理由を教えてください。
A
CTCの面接官が私の人間性や内面を見ようと努めてくださり、その熱意に心を動かされました。CTCは幅広い顧客基盤を持ち、なおかつ国内外300社以上のベンダーとの連携もあるため数多くの最先端ソリューションを取扱うことが出来ます。そういった面で、リーディング・カンパニーであると言えるかと思います。そのためCTCに入社すれば多様な経験ができ、様々な技術に精通したエンジニアになれると考えました。日々技術革新が起きている中、CTCのような多様なソリューションを持っていれば将来性も高い。こうした条件が揃っていたので、入社を決めました。
Q
今、取り組んでいる仕事の内容を教えてください。
A
現在は、飲料メーカーが持つ膨大なデータを分析するシステムの維持保守を担当しています。具体的には、お客様のご要望を受けて、分析ツールの画面レイアウトの変更や、新機能の追加をしています。新たな案件として、お客様が使用しているサーバが古くなってきたため、システムをクラウド化するプロジェクトにも関わっています。このプロジェクトのリーダーを任されることになり、初めての役割に挑戦できる好機と捉えて結果につなげたいと思っています。
Q
仕事のやりがいを感じるのはどのような時ですか?
A
現在担当しているプロジェクトのように、新しいことにチャレンジしている時ですね。初めての業務を担当する時は、新しいメンバーに出会え、新しい技術への理解が求められます。学ぶことがたくさんあるのは、楽しいです。責任は大きいですが、やりがいも大きいです。CTCにはリーダーを育成しようという目標があり、若くても自分から手を挙げればチャンスを与えてもらえます。部内の別プロジェクトでは、1つ上の先輩社員もマネージャーに抜擢されています。こういった学びの場を積極的に与えてもらえることにも感謝しています。
Q
担当の分野で活躍するためには、どのようなスキルが必要だと考えますか?
A
お客様は常に新しいソリューションを求めており、質問には様々なご要望が隠れています。それらを汲み取るためにも、技術、知識は常にアップデートしておく必要があります。また、お客様ありきのビジネスですし、プロジェクトはチームで動きますから、コミュニケーション能力は必須です。毎日の情報共有、課題のすり合わせ、提案や説明など、業務にはスムーズなコミュニケーションが欠かせません。
Q
現在活用している、もしくは活用したいと思っている社内制度はありますか?
A
将来的にはグローバルな案件に関わりたいので英語の勉強を続けていて、半年ほど前から社内の英語研修のプログラムを受けています。これは、ビジネス英会話のクラスを会社負担で受けさせてもらえる制度で、金額的にはかなりの額になるので助かっています。英語はこれからも続けていきたい研修の一つです。プライベートな面では、子供が保育園に通い始めるまでには、育児休暇を利用したいと考えています。その他、福利厚生のサービスを受けることができるポイントが毎年付与される制度もありがたいですね。我が家では子供服やオムツの購入などに充てていますが、マッサージや旅行など、皆さんうまく活用しているようです。
Q
職場の雰囲気はどうですか?
A
私が所属する部署は子供のいる方が多いので、子供の体調が悪い時などは「早めに退社したい」と申し出ると、快くサポートしてくださるので助かります。仕事に関しては、集中して精一杯やるという空気がありますが、オン/オフの切り替えがはっきりしていて働きがいのある環境です。今の部署に配属されて、とてもよかったと感じています。
Q
最後に、CTCへの就職を目指す学生にメッセージをお願いします。
A
CTCは、積極性や向上心のある方に向いていると思います。また、稼働しているシステムは絶対に止めてはならないため、責任感やプロ意識も大切です。ひとたび障害が発生すれば、早朝や夜、週末でも対応が求められることもあります。CTCには「お客様目線」のマインドや「最後までやりきる」といった文化があります。そういった面も踏まえて、仕事への意欲を持てる方には良い会社です。志望していただけたら嬉しいですね。
Item
会社から支給されるスマートフォン。スケジュール管理から、社内チャットツールTocaroの活用、メールの確認まで、全てを担う生命線です。
会社から支給されるスマートフォン。スケジュール管理から、社内チャットツールTocaroの活用、メールの確認まで、全てを担う生命線です。

一日の流れ

9:00
出社

メールのチェックとプロジェクトの進捗確認。

10:00
デスクワーク

開発チームからの技術的な質問への回答。プロジェクトの課題に回答。

11:00
打ち合わせ

基盤チームとのショートディスカッション。

12:00
ランチ

13:00
デスクワーク

お客様に提出する資料を作成。

14:00
打ち合わせ

運用・保守チームとのショートディスカッション。

16:00
お客様先で
打ち合わせ

定例会の実施。

17:30
退社

お客様先より直帰。

「CTCの人」をもっと見る