CTC新卒採用 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 CTC新卒採用 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

Person

System Engineer

Marina Kubo

久保 まりな

Profile

システムエンジニア

久保 まりな

社会情報学部
2017年入社
エンタープライズ事業グループ

Q
就職活動の思い出を聞かせてください。
A
大学で情報と経済を学んできたため、就職活動ではITとコンサルティング業界を中心に足を運びました。企業を訪問する中で、ITであればエンジニアとして手に職が付けられ、キャリアの選択肢も広げられると考えて、CTCのインターンシップにも参加しました。「商社系のIT企業は体育会系」と一般的には思われているようですが、対応してくださった先輩方は穏やかで、社内の雰囲気も温かく、実際はイメージと違っていましたね。この雰囲気なら、新人の自分でも気後れすることなく働けるのではないかと感じました。
Q
CTCに決めた理由を教えてください。
A
CTCへの決め手は、面接の後でフィードバックをしてくれたことです。私は在学中からプログラミングを勉強していましたが、スキルには自信がなかったため、面接時にはあえてそのことには触れませんでした。すると、面接官が「IT企業なのだから、プログラミングを学んだことは遠慮せずにアピールした方がいいですよ」とアドバイスをくださったのです。面接後には合否のみを知らせる企業が多い中で、CTCの対応には血が通っていて、人を大切にする社風が伝わり、CTCに入りたいと願うようになりました。また、事業の領域が幅広いため、自分に合う分野が見つけやすいという点にも魅力を感じました。
Q
今、取り組んでいる仕事の内容を教えてください。
A
私は、CTCの中でも横串の組織に所属しており、他部署を技術的にサポートしたり、アジャイル開発手法を用いたアプリケーションの開発プロジェクトの支援を行っています。現在はリサーチ会社のデータに関連するシステムの開発に参加し、先輩方とチームを組んで、クラウド間のシステム移行を進めているところです。私はJava以外の言語がわからなかったのですが、このプロジェクトではScalaというプログラミング言語の知識が必要でした。テキストを読んでサンプルのプログラムを書きながら自力で学習し、どうしてもわからない箇所は先輩社員にお教えてもらいながら、マスターしていきました。
Q
仕事のやりがいを感じるのはどのような時ですか。
A
新しい案件のスタート時には専門知識もなく、お客様の業務も把握できていない状況で、辛く感じることも多かったです。それだけに、自力で勉強して課題を解決できた時には達成感がありました。とりわけ、一から学んだ言語でアプリケーションが動かせた時は嬉しくて、「次の仕事も頑張ろう!」とモチベーションが上がりました。将来的には、「この分野だったらあの人に聞けばわかる」と社内で指名されるくらいの専門知識を身につけ、開発案件に携わっていきたいです。
Q
担当の分野で活躍するためには、どのようなスキルが必要だと考えますか?
A
プログラミングなどの基礎技術の習得は大前提ですが、最近、とくに大切さを感じるのは「人を巻き込む力」です。CTCではチームで仕事を進めていきます。不明点や課題は、一つひとつクリアにしないと前へ進めません。仕事は学ぶことの連続で、調べきれない事柄は、面識のない他部署の社員であっても、「お願いします」と自ら連絡をとって教えてもらうこともあります。先輩方は親切に対応してくれますが、自ら学ぶ積極性や謙虚な姿勢は大切だと思っています。仕事は一人では進められません。協力を仰いで関わっていただくことで、壁も超えていけるのだと思います。
Q
現在活用している、もしくは活用したいと思っている社内制度はありますか?
A
年に数回、テレワークを利用しています。打ち合わせのある日は必ず出社しますが、プログラミングなど作業に集中したい時には助かります。また、メンター制度では他部署の先輩がメンターになってくださり、色々な話が聞けて興味深かったです。CTCは、2018年度の育児休業復職率は100%だと聞いていましたが、その先輩もお子さんを出産後に復帰して仕事を続けています。結婚や子育てと仕事をいかに両立させるか、女性社員には切実な問題ですから、制度が充実していること、それらをうまく活用することで仕事との両立も十分に可能だとわかり、とても心強く感じています。
Q
最後に、CTCへの就職を目指す学生にメッセージをお願いします。
A
就職活動中は、興味のある業界、企業を幅広く見て回ると良いと思います。その結果、CTCへの入社を希望されるのであれば、ぜひ一緒に仕事をしたいですね。CTCの社内には若手を育成しようという空気があり、研修制度も充実しています。年齢や立場にかかわらず、自分の考えや意見が求められ、活躍の場もどんどん与えてもらえます。自分はどうキャリアを築いていきたいのか、内面に軸を持って行動する方には良い環境だと思います。皆さんと一緒に働ける時を、楽しみにしています。
Item
出身の中高一貫校で、卒業祝いにいただいた印鑑。使うことはほとんどありませんが、お守りのように大切に持ち歩いています。
出身の中高一貫校で、卒業祝いにいただいた印鑑。使うことはほとんどありませんが、お守りのように大切に持ち歩いています。

一日の流れ

9:00
出社

メールのチェックとプロジェクトの進捗整理。

10:00
社内打ち合わせ

新しい導入システムについて社内ミーティング。

11:00
デスクワーク

新しい導入システムに関連する技術の調査、検証、プログラミングなど。

12:00
ランチ

15:00
客先打ち合わせ

導入システムについて説明。

17:00
社内打ち合わせ

帰社後、部内ミーティング。

18:00
退社

「CTCの人」をもっと見る