JapaneseEnglish

Oracle Database

Oracle Database

Oracle Databaseは世界で最も広く利用されているリレーショナルデータベース管理システムです。オラクル社は、時代の変化に沿った技術革新を行い、長年にわたりデータベース市場をリードし続けています。

製品概要

Oracle Database 12c
Oracle Database 12c は、新しいマルチテナント・アーキテクチャとインメモリ機能を備えた次世代データベースです。

新たに採用されたマルチテナント・アーキテクチャにより、データベースのクラウドへの統合作業を簡素化し、アプリケーションを変更することなく多数のデータベースを1つのデータベースとして一元管理することが可能です。高いリソース効率での統合と運用管理工数の削減により、企業システムの最大の課題のひとつであるITコストの削減を可能にします。

Oracle Database In-Memoryでは、既存のアプリケーションやデータを変更せずに、OLTP処理の高速化を行いながら大量データの分析処理をリアルタイムに行う事が出来る機能です。従来のレポート作成・分析時間が大幅に削減され、リアルタイムの回答が得られることによって、より適切な意思決定につなげる事が可能です。

Oracle Database 18c
Oracle Database 18cは、新たなリリースモデルの最初のリリースです。
従来、数年毎にメジャーリリースが行われてきましたが、毎年リリースする「年次リリース」モデルに変更されました。これにより、新機能をいち早く取り込み、品質向上を図ることができます。12.2.0.2は18c、12.2.0.3は19cとしてリリースされます。
Oracle Database 18c は、新たな機能の採用に加え、12cでリリースされた機能が強化されました。また、Autonomous Database Cloudのコア・コンポーネントとして位置づけられています。

CTCの強み

CTCは1992年からオラクル製品の販売・サポートを実施しています。幅広い業種での豊富な実績と高い技術力があります。 
Oracle Databaseを含むマルチベンダー環境でのステムの構築・運用・保守サービスを提供しています。 

お問い合せはこちらから

お問い合わせフォーム
トップに戻る