ソリューション

Tableau

更新
Tableau

Tableau(タブロー)は優れたビジュアル表現で、誰でも簡単にデータを理解し、新たな発見を手にすることを可能にします。

企業価値を高める「データ分析力」をその手に。Tableauなら、手軽に高度なデータ分析が始められます。

現在、多くの企業では社内外の膨大なデータを活用することで、自社の企業優位性を高めるための試みが進んでいます。
こうした背景の中、データを理解・分析しビジネスに活用する専門家である「データサイエンティスト」の必要性が重要視されるようになってきました。しかし、専門スキルや知識を有する「データサイエンティスト」の育成には、時間や労力がかかるのが現実です。

Tableauは、専門的な知識を持たない人でも簡単に始められるデータ分析ソリューションです。使いやすさに優れたビジュアルで、データ分析による新たな企業価値の発見を約束します。
そして、企業内の情報利用格差を排除し、企業活動の中枢であるアナリストやエグゼクティブはもちろん、情報システム部、経営企画部、マーケティング部などのあらゆる社員にとって、データ分析とその活用を身近にします。

データディスカバリツールTableauの特長

Tableauは、2003年の創業以来、世界中のあらゆる地域において類を見ない成長率で実績を伸ばし続けています。
本製品は、企業をデータドリブンに変える全く新しいセルフサービスBIプラットフォームです。 導入、管理、および拡張が簡単にできます。データの利用と分析が組織全体で進み、拡大するにつれ、IT部門はデータドリブンな意思決定においてますます重要な役割を担うようになります。

特長1 優れた表現力と高い操作性を両立

Tableau独自のビジュアライゼーション技術を用い、データのビジュアル分析を行います。
選択したデータに対して最適なグラフを自動で表示するほか、マウスの簡単な操作のみで多彩な表現による分析が可能です。
従来のデータ分析ツールとは異なり、あらかじめ決められた定型シナリオに沿った分析だけを行うのではなく、分析を行う人の思考のまま、自由にデータ分析を進めることができます。

特長2 多様なデータソースに対応可能

Tableauは、様々なエンタープライズ向けデータベースに加え、ApacheHadoopやSalesforce、AmazonRedshift、GoogleBigQueryといったクラウドサービスにも接続できます。
また、MicrosoftExcelで提供されるデータなど外部ファイルと組み合わせた分析も簡単に行えます。

特長3 組織全体で使えるプラットフォーム

データの力は限られた部門にだけ解放されるものではありません。すべての社員がブラウザを通じてデータにアクセスし、質問し、回答を得ることが可能です。IT部門はセキュリティやガバナンスを犠牲にすることなく、データの力を企業内に広く利用させることができます。

特長4 柔軟な導入を実現

BIツールは、データや分析の戦略を左右するものであってはなりません。Tableau なら Windows と Linux の両方に対応し、オンプレミス、パブリッククラウド、SaaS のいずれにも、希望する場所に導入することができます。また、ビジネスの成長に合わせて自由に拡張することも可能です。Tableau Online を利用すれば、たった数分で分析、共有、共同作業ができるようになります。Tableau Server は 1 時間とかからずにインストール、設定、ユーザープロビジョニングを行うことができます。

チームのニーズに合わせた分析環境

現在、業務の向上を図るために、データ利用がこれまで以上に必要とされています。しかし、データとの関わり方は人によって異なることがあります。そのため Tableau は、人によって異なるデータのニーズに合わせて、異なる役割を定義しました。それらの役割を適用することで、異なるデータの利用方法を可能にしながら、チームでデータを安全に共有できるようになります。
Tableau は Creator、Explorer、Viewer という 3 つのライセンスプログラムで、あらゆるユーザーのさまざまなニーズに応え業務の向上を支援します。

Creator

Creator (クリエイター) は、組織の中でデータソースに接続し、自身や他のユーザーが利用できるものをデータから作成する人を指します。組織で現在、レポートを作成し、メールや共有ドライブで配布している人がおそらくこれに当たります。アドホック分析を行って、より深い質問の答えをデータから引き出している、データのパワーユーザーです。 その言葉が示す通り、チームの他のメンバーが Tableau プラットフォームで利用するコンテンツやデータビジュアライゼーション、データソースの大半を、Creator が作成します。

Explorer

Explorer(エクスプローラー) はパブリッシュされたデータソースを使って自分で新しいワークブックを作成することも、作成済みのワークブックやダッシュボードを出発点として分析を行うこともできます。そのすべてを、ブラウザでもモバイルデバイスでも行うことが可能です。それだけではありません。当初のレポート作成時には答えが明らかになっていなかった可能性がある、さらに深い質問を投げかけて答えを導き出します。これまでとはまったく違う形で、チームはデータを探索し、分析フローを維持することができます。

Viewer

Viewer (ビューアー / 閲覧者) は、データを情報源にして、自分の意思決定の質を向上させる人々を指します。日常業務の多くでデータを必要とするチームメンバー、重要なプロジェクトでチームの進捗を確かめるピープルマネージャー、さらには会社の健全性に関する巨視的な指標が必要なCEO まで、誰でもなり得るのが Viewer です。Tableau Viewer ライセンスプログラムを使用すれば、組織のあらゆる所で分析環境を活用できるようになります。Viewer は Tableau プラットフォームを利用して自分の直感を事実で裏付けし、Creator や Explorer が作成したダッシュボードに基づいてデータドリブンな意思決定を行えるようになります。

主なライセンス

 

Creator
データ分析者

Explorer
データ活用者

Viewer
データ閲覧者

利用部門

IT部門・ビジネス部門

ビジネス部門

ビジネス部門

機能

分析用データの準備
公開データ分析

公開されたデータに
対する分析

分析データの閲覧

利用できる
製品

Tableau Desktop
Tableau PrepBuilder
Tableau Server
/Tableau Online

Tableau Server
/Tableau Online

Tableau Server
/Tableau Online

Tableau
Online

102,000円/年

60,000円/円

22,000円/年

Tableau
Server

102,000円/年

51,000円/円

18,000円/年

Tableau利用イメージ

Tableau利用イメージ

  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)

▼ページを選ぶ

このソリューションに関するお問い合わせはこちら

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。