ソリューション

Figues(フィグ)

更新

~ 作るから組み合わせる時代へ ~
Fit to Standard / 標準導入&他クラウドとのインテグレーションで、DX時代の基幹システムに求められるマルチクラウド基盤を整備します。

DX時代の基幹システムは“作る”から“組み合わせる”へ

時代の変化にスピーディかつ柔軟に対応する基幹システムを実現させる CTCのソリューション「Figues(フィグ)」

Figuesとは?

日本では基幹システムを構築する際、システムを業務に合わせて構築し、改修を重ね、自社独自のノウハウを活かすことで競争力を伸ばしてきました。しかし、オリジナルの開発を続けたことでシステムは柔軟性を失い、現状、変化への対応に多くの時間とコストがかかっています。

DXレポートで提起されたように、予測不可能な事態が起こる時代の中で企業が生き残るためには、新しいデジタル技術を柔軟かつスピーディーに取り入れ、変化し続ける事業環境に常に対応できることが重要な課題となっています。

独自要件に対応するシステム開発を行うと、事業環境の変化にスピーディーかつ柔軟に対応することができなくなるため、「基幹システムの標準化=Fit to Standard」の実践が大切です。

よく、日本でFit to Standardの実践は困難であるという意見をいただきますが、すでに実践されている企業も存在します。こういった事例では、業務の実現を一つの製品サービスだけでなく、複数の製品サービスの組み合わせで実現しています。IT部門だけでなく、業務部門も協力して製品を選定することで、「標準化率」の高い基幹システムは実現可能です。

CTCの「Figues (フィグ)」は、複数製品を組み合わせて、マルチクラウド・ハイブリットクラウドでFit to Standardの基幹システムを実現したときに生じる様々な懸念点を払しょくし、激しい事業環境変化の中で、従業員やシステムのパフォーマンスを最大限維持し続ける手段をご提供するソリューションサービスです。

このようなご要望はありませんか?

ctc_SAP_figues

Figuesでこう変わります

  1. 基幹システムを事業環境の変化に合わせ、柔軟に変更できるようになります。
    SAPのデジタルコアと他のシステムをAPIを通じて連携し、これまでの常識とは異なる早さで、基幹システムの変更が柔軟にできます。
  2. お客さまの自立的なデジタル活用が可能になります。
    事業環境の変化に合わせた連携先システムの変更や、SAPの画面改善など、お客さま自身で自立的・継続的に行えるようになります。

1回限りの対応ではなく、継続的に基幹システムを改善し続けるために必要な環境をFiguesがご提供します。

Figuesのサービス内容

Figuesは「3つのつなぐ」ソリューションで構成されています。

ctc_SAP_figues_サービス内容1
3つの「つなぐ」ソリューションで構成されているFigues(フィグ)。 SAP ERP自身には手を加えず、他サービスとの連携や複雑化するサービスの見える化と運用負荷軽減、ユーザーインタフェースの統合・変更、機能改修などを継続的に行う事ができます。

Figues メニュー

Figuesは以下のソリューションから構成されています。基幹システムのコアとなるERPソリューションにSAP ERPを据え、DX時代に耐えうる柔軟な基幹システムの構築を実現します。

具体的な進め方(サービス提供プロセス)

1. アセスメント(評価)サービス

以下のようなアセスメントサービスを用意しています

  • Fit to StandardアプローチによるERP導入
  • SaaSソリューションの選定
  • 画面改善診断
  • ノーコード/ローコード開発ソリューション選定
  • RPA活用

2. 教育支援サービス

画面改善、CI/CD支援(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)、など、お客さまが自立的かつ継続的に基幹システムの改善を実行するために必要な教育・トレーニングをご提供いたします。

3. 実装支援サービス

SaaSソリューションの導入や画面改善など、トレーニングによりお客さまが自立的に実施できるよう支援します。
トレーニングだけでなく状況に応じて実装支援を行います。

4. 継続フォローサービス

教育・トレーニングを受け、自立的に改善サイクルを回し始めた後も 「相談できるパートナーがほしい」「相談したい」と感じるご担当者さまも少なくありません。
CTCでは教育・トレーニング継続フォローサービスをご提供することで、改善サイクルをより高速に回したい、より効果的な改善効果を得るために専門家に相談したい、最先端の世界的IT情勢が知りたい、そんなお客さまのご要望にもお応えいたします。

5. 統合監視サービス

複数のSaaSソリューションや製品を利用すると、保守運用に影響を与えかねません。

Figuesでは複数のサービスを横断する統合監視サービスでお客様の負荷を低減し、安心してご利用頂けます。

Figuesの特長

作る(開発する)ことをしないITソリューション

日本では、SAPというパッケージを利用するシステムであっても、多くの追加開発事例が見受けられます。追加開発することはコストを増大させるばかりでなく、品質低下のリスクを増加させ、本稼働の遅延や、運用保守にも影響を与えます。

CTCでは、25年以上にわたる豊富な基幹システムビジネスの経験を活かし、作る(開発する)ことをしないITソリューションをご提供いたします。

お客さまの状況に合わせたベストソリューションの提供

SAPが提供する機能は、お客さまの要求を全て満たすものでない可能性があります。そのような場合、追加開発を施してお客さまのご要望に応えるのが実情です。このような場合、CTCではSAPと親和性が高い、ラインナップされた各業務領域におけるクラウドサービスをご提供します。
各サービスは、APIゲートウェイとしてSAPとのインターフェースを確立しており、独自に接続プログラムを作成することなく利用できます。

画面(UI)改善で、利用者の操作性を大幅に向上

基幹システムの画面は見づらい、使いにくい、との不満をよく聞きます。
改善しようにも、それ自体が追加開発と見なされ、使い勝手の悪さに泣き寝入りしていませんか。画面は、追加開発という大袈裟な手法を施すことなく改善することが可能です。お客さまの利用状況に合わせて、画面改善のソリューションをラインナップしています。

標準の画面は変えられない、使いにくいもの、との固定観念を捨て、「画面改善はできるもの」と認識を変えていただくことをご提案いたします。

テストと運用を継続的に統合、自動化、監視します

システムを構築することに精一杯で、テストや運用が疎かになっていることはありませんか。そのような場合、人海戦術の対応しか見出すことが出来ず、結果として塩漬けシステムになりかねません。
CTCのソリューション Figues(フィグ)では、構築だけでなく、テストや運用にも焦点をあて、CI/CD (継続的インテグレーション/継続的デリバリー) として、アプリケーションの開発からテスト、本稼働、運用に至るまでのプロセス全体を、継続的に統合、自動化、監視することをご提供いたします。

Figuesのアーキテクチャ

SAPインタフェース
(APIゲートウェイ)
デジタルコアとLoBソリューション、Side by Side開発アプリなどをAPIで連携する基盤を提供します。
自社の状況に合わせて必要なサービスを自由に選択できるようになります。
iPaaS
(Cloud Platform
Integration)
プロセス連携基盤を活用し、クラウドサービスを組み合わせた業務プロセスを連携し、業務を効率化。
活用パターンのアセスメント実施。環境構築と手順書も提供します。
ポータル
(Fiori Launchpad)
複数SaaSを統合した入口です。
シングルエントリーポイントの提供でユーザーは分かり易く快適にマルチクラウドシステムを使用できます。
Web UI改善
(Fiori / Personas)
SAPの画面をノーコードで改善するSAP純正のソリューションです。
お客さま自身で自立的に利用者の要望に応えられるようになります。
GUI改善
(LiquidUI)
SAP GUIのモバイル化や最適化をローコードで行うパワーツールです。
FioriやPersonasよりも複雑な画面改善を行うことができます。
教育・トレーニングを提供しお客さま自身で画面の継続改善に活用できます。
デジタルアダプション 利用者の画面上に操作マニュアルなどガイドを表示させ、スムーズなシステム利用を可能にします。
お客さま自身でガイドをブラッシュアップし、継続して改善することができます。
ABAPモダナイズ 既存ABAPプログラムをモダナイズし、API連携可能な資産へと生まれ変わらせます。
メンテナンス性の向上効果も得られます。
個別開発支援
(Vue+Java)
最新の道具とライブラリの組み合わせによるローコード実現、開発規約提供、テスト自動化、監視ツール導入など
各種開発手順を文書化して提供し、お客さまの自立的なSide by Side開発を支援します。
ID認証 / 認可 SSO実現のためのツール、IDとロール構成の最適な考え方をご提供します。マルチクラウドを安全にご利用いただけます。
共通基盤
統合監視
セキュリティや統合監視サービス、継続的な開発(CI/CD)を支える各種サービス、環境をご提供します。

ブログ連載中/Fit to StandardでDX推進を加速

ERP基幹システムは「作る」から「組み合わせる」時代へ

第1回 Fit to Standardを実現させるために必要となる考え方

本題への導入とし、市場の変化に迅速に追従できるERP基幹システムをデザインするうえで、必要となる考え方について解説。

第2回 DX時代の基幹システム(SoR)に求められるアーキテクチャとは -SaaS・PaaS・iPaaSの活用- SAP前提

DX時代の基幹システム(SoR)を支える技術要素の全体像、アーキテクチャに焦点を当てる。多岐にわたる要素に触れる必要があるため、連載2回目は、基礎的な用語整理とポイントとなる3つの要素の確認。
ポイントの1つ目としてSaaS・PaaS・iPaaSの活用について解説。

第3回 Fit to Standardのデメリットを排除 定着化と保守運用まで考えた導入の実践

DX時代の基幹システム(SoR)を支える技術要素の全体像、アーキテクチャに焦点を当てます。
前回の続きとなる3つの要素のうち、残り2つのポイントとして、「定着化課題・運用負荷の低減」について解説。

第4回 企業のDX化成功のポイント/なぜいま標準導入なのか <スペシャルインタビュー>

今回は連載から少し離れ、Fit to Standardに関して高頻度でいただくご質問に、SAP社での勤務経歴、コンサルティング会社での導入経験などSAP ERP導入支援経験が豊富なお二人に、対談式でお応えいただきました。

第5回「DX時代の基幹システム」は経営の道具ではなく経営の基盤に - ERP基幹システム構成の全体像 -

今回は、これまでの総括として、具体的なシステムアーキテクチャを示しながら、アーキテクチャが何を実現するのかを解説していきます。

資料のダウンロード

お役立ち資料をダウンロードいただけます。
Coming soon

FAQ

Coming soon

  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)

▼ページを選ぶ

このソリューションに関するお問い合わせはこちら

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。