ソリューション

Oracle Cloud

更新

セキュアで優れたパフォーマンスを圧倒的な低価格で提供する、業界最高水準のクラウドサービス

Oracle Cloudはエンタープライズ向けのパブリッククラウドサービスです。

50を超えるIaaS、PaaSをカバーする多種多様なサービスを利用できるだけでなく、Oracle Cloudをお客様のデータセンター内に配置してご提供することも可能です。

次世代クラウド・インフラ Oracle Cloud Infrastructure

高性能なインフラを提供する第二世代クラウド

従来型のクラウドには、ノイジーネイバーや複雑な課金体系など様々な課題があります。Oracle Cloud Infrastructureは、これらの課題を解決すべく再設計された次世代クラウドです。

拡張性に優れたコンピュート

スモールスタートを実現する仮想マシン環境から、完全な占有環境を提供するベアメタル環境まで、お客様のビジネス要件に合わせて選択いただけます。データベースなどの大規模なワークロード向けに高速なストレージ(Local NVMe SSD)も提供します。

セキュアで高速なネットワーク

高いスケーラビリティを持つSpine&Leaf型のネットワークトポロジーを採用。セキュアで高速なネットワークを提供します。

コストパフォーマンスに優れたストレージ

大容量・長期保管用のアーカイブストレージを超低価格で提供する他、コンピュートと組み合わせて利用できるブロックストレージや業界標準のオブジェクトストレージを提供します。

エンタープライズ向けの統一化されたプラットフォーム

オンプレミスと同じ技術、アーキテクチャで開発されたクラウドサービスなら、これまでに培った技術やノウハウをそのままクラウドへ活用できます。

  • オンプレミスで培った行動な技術をクラウドへ活用
  • クラウドで開発したアプリケーションをオンプレミスへ活用
エンタープライズ向けの統一化されたプラットフォーム

業界初のSLAを提供

可用性(Availability)に加え、管理(Management)、性能(Performance)も 対象にしたSLA

企業がクラウドに求めるものは可用性だけにとどまりません。
ミッション・クリティカルなワークロードには、一環したパフォーマンスや、クラウド内でいつでも機能するリソースを管理、監視および変更する能力も必要です。
サービスのパフォーマンス、可用性および管理性を網羅するSLAを提供できるのはオラクルクラウドだけです。

エンタープライズレベルのSLA

エンタープライズレベルのSLA

コンプライアンスへの対応

各リージョンや国ごとのコンプライアンスへの対応

お客様に安心してクラウドをご利用いただくために、コンプライアンスへの対応状況が公開されています。

日本国内 2リージョン

2019年5月 東京リージョンが開設されたのに続き、2020年3月に大阪リージョンが開設されました。

低価格で柔軟な価格体系 Universal Credit

シンプルな1本の契約で対象のPaaS/IaaSサービスを自由に使う事ができる。

Universal Creditは 2つの購入モデルを提供します。
対象となるのはOracle CloudとCloud at Customerです。

  • Pay As You Go
    毎月使用した分を後払いする、一般的な従量課金です。
  • Annual Flex
    事前に年額クレジットを購入し、その範囲でPaaS/IaaSを自由に使うことができる前払い方式です。

利用額が決まっていない・短期間利用の場合はPay As You Go、一年以上定常的に利用する場合は、Annual Flexをお勧めします。

2つの購入モデル

Annual Flexはあらかじめ設定した年額クレジットから、各サービスが利用した分を消費していきます。

Monthly Flex

PaaSへのライセンス持ち込みで断然お得

Database Cloud ServiceをはじめとするPaaSへお客様がお持ちのライセンスを持ち込むことができ、BYOL(Bring Your Own License)to PaaSと呼んでいます。IaaSに持ち込むのとは違い、PaaSであれば、すぐに使えることが大きなメリットです。ライセンスのサポート費用は継続して支払いが必要ですが、通常のPaaS料金よりも大幅に安いレートでPaaSを利用することができます。

例)Database Cloud Service Enterprise Editionの場合、64%低減できます。

PaaSへのライセンス持ち込みで断然お得

関連情報

パートナーロゴ1
パートナーロゴ2
  • OracleおよびJavaは、オラクルおよびその関連会社の登録商標です。その他の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)

▼ページを選ぶ

このソリューションに関するお問い合わせはこちら

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。