ソリューション

Oracle Cloud

更新

セキュアで優れたパフォーマンスを圧倒的な低価格で提供する、業界最高水準のクラウドサービス

マルチクラウド環境の統合的なマネージドサービス ―‘CUVIC ’ Managed Multi-Cloud Platform

‘CUVIC’ Managed Multi-Cloud Platform(以下、MMCP)は、マルチクラウド環境のインフラ基盤と運用支援サービスを一元的にご提供する「マルチクラウドプラットフォーム」です。
オンプレミス環境で構築された仮想化基盤や、CTCクラウド、さらにメジャーパブリッククラウドにも対応し、柔軟なリソース利用とシンプルな運用を可能にします。

複数クラウドの運用に悩んでいませんか?

従来の企業システムはオンプレミスが中心でしたが、近年ではクラウド利用が進み、オンプレミスに加え、クラウド環境で構築されてるシステムも増えています。特に攻めのITでビジネスを加速させるには、クラウドの方がオンプレミスよりも適する部分が多いからです。しかし多くのお客様は、必ずしも「ハイブリッドクラウド化」を目指していたわけではなく、「結果的にハイブリッドクラウドの状態になった」に過ぎません、その結果、予期していなかった新たな課題も顕在化しています。例えば次のようなことで、悩んでいる企業は少なくありません。

‘CUVIC’ Managed Multi-Cloud Platform

MMCPでマルチクラウド環境の利用を一元的

‘CUVIC’ Managed Multi-Cloud Platform(以下、MMCP)は、マルチクラウド環境の利用を一元的に行えるようにする「マルチクラウドプラットフォーム」です。

特長

一元化された窓口による24時間365日の対応

クラウドサービスごとにユーザーインターフェースや運用サービスを提供するSIerが異なっているため、従来の仕組みのままクラウド導入を進めると、お客様はそれぞれ異なる窓口に対して、設定変更などの依頼を行う必要がありました。これに対してMMCPでは、オンプレミスを含むマルチクラウド環境全体の運用を、単一の窓口にて提供します。

共通サービスによる運用のシンプル化

MMCPはクラウドサービスの設定や移行、モニタリング、バックアップ等、クラウドの導入・運用に必要となる各種機能を、共通サービス「CCS(Cloud Cover Service)」としてご提供。お客様の運用負荷を軽減すると共に、システム全体の見通しも容易にします。

ご要望に応じたクラウドサービスを選択可能

お客様のシステム要件に応じて、複数のクラウドサービスを柔軟に選択することができます。初期構築時だけでなく、運用開始後にも体制を変えることなくクラウドリソースを追加・変更することができます。

サービス構成

MMCPサービスは、大きく3つのレイヤーで構成されています。

クラウド管理サービス : Cloud Management Service(CMS)

お客様に最も近い位置に配置される最上位レイヤーです。マルチクラウド環境の統合的な管理を可能にするサービスデスクや、お客様専用のアカウント担当者(オプション)をご提供します。

標準SI・運用/共通機能サービス : Cloud Cover Service(CCS)

導入・運用に必要な各種機能を網羅した中核的なレイヤーです。クラウドサービスの設定や移行、モニタリング、バックアップ、ライセンス管理等、クラウドの保守・運用に必要な各種機能を共通サービスとしてご提供します。

クラウド基盤サービス : Cloud Infrastructure Service(CIS)

クラウドサービスとのインタフェースとなる、インフラレイヤーです。オンプレミスで構築されたプライベートクラウドや、Oracle Cloud at Customerによるお客様基盤でのクラウドサービス利用、TechnoCUVIC VPといったCTCクラウド、VMware Cloud on AWS等のメジャーパブリッククラウドを、ここに組み込むことが可能です。これによって幅広いクラウドリソースを、柔軟に活用することが可能になります。

MMCP のサービス構成イメージ

MMCP のサービス構成イメージ

MMCPが選ばれる理由

10年以上の運用実績から培った豊富な経験と知見

CTCはすで10年以上のクラウド運用の実績があり、大手企業を中心に300社以上のお客様をサポートしています。MMCPはその経験と知見を集約したものであり、理想的なマルチクラウド活用を可能にしています。

クラウドベンダー各社との緊密な連携

CTCはOracle、VMwareやAWSの上位パートナーとなっており、クラウドベンダー各社と緊密に連携しています。これによってナレッジを共有しつつ、いち早く最新テクノロジーを吸収し、信頼性を高めるためのサービス改善の追及や、お客様のご要望に沿うサービスの実現に取り組んでいます。

技術力、サポート体制、マルチベンダーとしての総合力

CTCの強みである「マルチベンダー対応力」が根底にあり、インフラシステム全域の技術エリアをカバーできる技術者も数多く揃えています。もちろん仮想化基盤の運用ノウハウも豊富に保有。サポート体制もしっかりしており、困ったときの対応も迅速に行えます。

対応クラウド

MMCPは下記のクラウドに対応しています。

Oracle Cloud

Oracle CloudはOracle社が提供する、Oracle DBを中心に利用できるクラウドサービスです。オンプレミスと同じテクノロジー/アーキテクチャで提供されるため、オンプレミスのOracleと完全な互換性があります。

Oracle Cloudのサービス概要については、以下よりご覧いただけます。

VMware Cloud on AWS

VMware Cloud on AWSは、AWS上で稼働するVMware vSphere基盤を利用可能することができるVMware社のサービスです。

VMware Cloud on AWSのサービス概要については、以下よりご覧いただけます。

パートナーロゴ1
パートナーロゴ2
  • OracleおよびJavaは、オラクルおよびその関連会社の登録商標です。その他の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)

▼ページを選ぶ

このソリューションに関するお問い合わせはこちら

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。