ソリューション

Adobe Experience Manager

更新

Adobe Experience Manager (AEM)は、ウェブやモバイルを始めとした様々なチャネルにわたってきめ細かな顧客体験を提供する、デジタルコンテンツ管理プラットフォームです。

Adobe Experience Manager 全体概要

・「Webサイト管理(CMS)」+「デジタルアセット管理(DAM)」+「マルチデバイス配信」の統合環境
・デジタルマーケティングに不可欠なコンテンツをカバー

製品の特長

1.業務部門に優しいインターフェイス

- ブラウザ上でパーツをドラッグ&ドロップで配置。直感的なページ作成環境を提供
- Digital Asset Management (DAM)機能から、企業のデジタル資産を簡単に選択
- 付箋やペイントで直感的なコンテンツ更新依頼が可能

業務部門に優しいインターフェース

業務部門に優しいインターフェース

直感的な更新運用

直感的な更新運用

2.複数チャネル管理

- ワークフロー、バージョン管理、権限管理など充実した管理機能
- ワンソース、マルチデバイス対応
  ・PCページを修正すると、関連するモバイルやタブレットページにも修正対応

- マルチサイト、マルチ言語対応
  ・マスターコンテンツを簡単にコピー。複数サイトを簡単効率的に作成
  ・ブランディングを統一しながら、国/地域の独自コンテンツ提供の両立を実現

ワンソース、マルチデバイス対応

ワンソース、マルチデバイス対応

マルチサイト、マルチ言語対応

マルチサイト、マルチ言語対応

3.DAM連係 / 制作ツールとの連係

- デジタルアセット管理機能
  ・同一システム内でDAM機能を提供。
 ・ページ作成UIと密な連携と使い易さ
 ・マルチサイズやフォーマット変換などの自動化
 ・業務ニーズに応じた属性登録、再利用時の検索支援

- Creative Cloudとのシームレスな連携
  ・Creative Cloudで作成したアセットを、クラウド経由での受渡しが可能

DAM連係

DAM連係

制作ツールとの連係

制作ツールとの連係

4.パーソナライズ支援

- 現場の担当者自身が簡単に設定
  ・Web/モバイル/ソーシャルなど、横断的なパーソナライズ化を実現。
  ・行動ヌ跡、顧客体験のテスト、注文履歴に基づくターゲットプロモーションの実施
  (訪問者のサイト内の行動/プロファイル/位置情報/アクセスしている端末など)

- PC用サイトから各種スマートフォン、タブレットへワンステップで変換
  ・モバイル用のオリジナルコンテンツも作成も可能
  ・ワンソースマルチユース・マルチチャネルの実現

- Adobe Analytics(旧Site Catalyst)やAdobeTargetとの連携
  ・画面からの設定で、より高度なパーソナライズを実現

  • このページについてツイッターでツイート(新しいウィンドウで開く)
  • このページをフェイスブックでシェア(新しいウィンドウで開く)

このソリューションに関するお問い合わせはこちら

※記載内容は掲載当時のものであり、変更されている場合がございます。